お役立ち

『マスク不足』いつまで続く?解消時期はいつ頃?【入荷・在庫情報】

新型コロナウイルスの影響でマスク不足が深刻化しています。

今年2月に『毎週1億枚以上供給される』と政府から発表がありました。

しかしその後も全く店頭に並ぶ気配がありません(*_*;

今後も、マスク不足は続くのでしょうか?

この記事では

  • マスク不足いつまで続く?解消時期は?
  • マスクの入荷情報は?

について紹介します。

『マスク不足』いつまで続く?解消時期はいつ頃?

日本政府はマスクの供給を確保すると発表

新型コロナウイルスの感染拡大により、マスクが品薄状態になっていることについて、菅官房長官は、早ければ来週にも、品薄が解消されるとの見通しを示した。菅官房長官「(マスクの品薄解消の見通し時期は?)考えているのは、来週以降ということであります」菅長官は12日午前の会見で、「1月28日に増産を強く要請し、24時間生産などの態勢強化で、現在、1億枚以上を供給できる見通しができた」と述べていた。そして、午後の会見で、品薄状態が解消される時期について、早ければ来週との見通しを示した。

FNN プライム

今年2月12日、菅官房長官はマスク不足について

  • 主要メーカーに増産を要請
  • 1億枚以上を供給できる見通し
  • 早ければ来週にも解消される見通し

と会見でコメントされいていました。

ちょっと期待していましたが、店舗でお目にかかれませんね(*_*;

安倍晋三首相は29日の記者会見で、品薄状態が続いているマスクについて増産支援を行っているとして「3月は1月の生産量の2倍を超える月6億枚以上の供給を確保する」と述べた。

ヤフーニュース

2月29日、安倍首相はマスク不足について

  • 増産支援を行っている
  • 3月は月6億枚以上の供給を確保

とコメントされいています。

日本政府からの再発表で、徐々にマスク不足が緩和される・・

と期待が高まっていました。

しかし、その後も店頭で見かけることはほとんどなく・・

3月になっても一向にマスク不足が改善される様子がありません。

いったいどういうことなのか?

なぜ供給が追いつかないの?

政府が発表した、月6億枚について、どんな対応をしているのかというと・・

  • マスクの増産要請(工場24時間)
  • 補助金で最先端のマスク製造ラインを生産

等々・・

こうした対応によって、2月末時点の、生産能力は月4億枚程度まで強化されているようです。

しかし、2月以降、コロナウイルスの感染拡大と花粉症の時期が重なり、マスク需要が一気に増加しています。

これまで中国の輸入(7割)に大きく頼りすぎていたこともあり、国内生産を強化しても供給が全く追いつかないんですね。

マスク不足が深刻

ネットの反応を見てみましょう。


ネットの反応を見ても、マスク不足がいつまで続くのか、とても気になっている様子が伺えます。

医療機関にもマスクが行き渡らないほど、深刻な状況が続いています。

マスク不足はいつまで続く?解消時期は?

日本政府の公表から既に3週間以上が経ちます。

マスク不足はいったい、いつまで続くのでしょう?

全国マスク工業会によると

  • これまで滞っていた中国からの輸入がようやく復旧
  • 国内の増産体制は整ってきている

news every(3月4日情報)

ある見方では、中国からの輸入(復旧)や、国内の増産対応で、今後、店頭にならぶマスクは徐々に増えていくとの見方を示していました。

しかし、その一方で、マスク不足の解消はまだ見通せないといった報道もります。

需要に対して供給が追いついていない

  • 1.5倍以上に増産しているが、需要が2〜3倍ある
  • 現在も医療機関に優先して供給している

約87%の医療機関はマスク不足を訴えている

  • すでに足りない
  • 一定期間までしかもたない

Live News it(3月4日情報) 

医療機関に優先してマスクが配布されるのは当然ですが、その医療機関ですら手に入らな状況が続いています。

政府はマスクの増産対応を図っていますが、医療機関に供給されないということは・・

一般の消費者に回ってくるのは、まだ先のように感じてしまいます。

マスク不足が解消されるのは、まだ当面先になるのではないでしょうか。

少しくらい出回ってもあっというまに品切れになりそうです。

 

3月14日時点の情報(追記)

複数の病院関係者によりますと、京都市の京都大学医学部附属病院では、今月に入って医師や看護師に対し、病院から支給されるマスクが制限されるようになり、ほとんどの部署で毎日1人1枚から1週間に1枚程度になったということです。 

2020.3.14

NHK NEWS WEB 

医療機関のマスク不足も未だ深刻な状況が続いています。

支給枚数:毎日一人一枚の支給から、1週間に1枚程度に

3月14日の情報でも、医療機関へのマスク供給は未だ追いついていません。

マスクを配布する数が減らされるくらい深刻に・・。

こうした状況から、政府が備蓄しているマスク(約250万枚)を医療機関に支給する動きも始まっています。

政府が備蓄しているマスクを放出している状況を考えると・・

やはり一般の消費者にまわってくるのは、まだ先になるのではないでしょうか。

中国で生産されたマスクには出荷規制がかけられている?

  新型コロナウイルスによるマスク不足の原因の一つは、中国で製造した日本メーカーの製品が輸入できなくなっていることだ。マスク販売会社「ファーストレイト」の長谷川友彦社長が中国の工場で撮影した映像には、マスクが山積みになっているが、1月25日(2020年)以降、出荷制限がかけられ、「残念ながら出荷できないのが現状です」という。

2020.3.15

https://www.j-cast.com/tv/2020/03/06381526.html

現在、中国で生産されているマスクは『国家応急備蓄物質』と扱われ、規制がかけられていると報道されています。

中国のあるマスク工場の『断り書きの内容』

『弊社が生産するマスクは『国家応急備蓄物質』に含まれているため輸出をお断りしている。』

出荷先が日本100%の工場であっても規制がかけられているんですね。

『中国からの輸入がようやく復旧』という報道もありますが、実際には中国国内でも、まだ需要に対して供給が追いついていない現状があるようです。

 

4月3日時点の情報(追記)

生産・輸入されたマスクの全てが店頭に並ばないという事情もある。厚生労働省マスク等物資対策班の担当者は、「医療機関や高齢者向け施設、公共交通機関などマスクを優先的に必要としている所が多く、店頭販売に回るマスクは限られてしまう」と説明。

ヤフーニュース

経済産業省によると、

  • 国内メーカーは24時間の増産を継続
  • 4月は中国からの輸入含む7億枚の供給確保

できる見通しを立てているようです。

しかし、4月に入っても店頭に出回らないのは、まだ医療機関や高齢者福祉施設、公共交通機関にマスクを優先的に配布している状況があるようです。

店舗への入荷頻度は確実に増えているようですが、まだ需要が供給を圧倒的に上回っているんですね・・。

店頭に出回るのはまだまだ先と感じました。

マスクの【入荷・在庫情報】

マスクの入荷情報はあるものの、ネットではまだ価格が高騰しています。

極力外出を控えて、マスクは節約したほうがよさそうです。

洗えるマスクもあるので、上手く活用するのも良いかと思います。

政府からも2枚配布されますが、ちょっとカッコ悪そうな気がします(*_*;

 

 

まとめ『マスク不足』いつまで続く?解消時期はいつ頃?【入荷・在庫情報】

『マスク不足』いつまで続くのか?解消時期はいつ頃?という内容で記事を書かせて頂きました。

政府が2月にマスク増産対応を要請し、供給量は少しでつ増えているようです。

  • 医療機関、福祉施設等での不足が続いている
  • 中国からの輸入が未だ滞っている
  • 花粉症のピークは4月も続く
  • コロナウイルスの感染は拡大している

 

コロナウイルスは世界中で感染が広がっていますから、今後も輸入には期待できない状況が続くのではないでしょうか。

こうした状況を考えると、マスク不足は4月以降も当面解消されない可能性が高そうです。

 

台湾では、マスク不足を解消するために、

  • スマホアプリで在庫状況が確認できる
  • どこに行けば購入できるのか分かる
  • 健康保険証のIDで購入
  • 1週間に購入可能な数・曜日が決められている

 

こうしたシステムが道入されています。

台湾当局がマスクの流通をコントロールしているんですね。

日本も他国の良いところをどんどん取り入れて、できる対策は早急に進めてほしいと感じます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。