半沢直樹2

『半沢直樹2』7話の裏切り者をネタバレ!紀本か大和田か気になる!

2020年8月30日(日)に『半沢直樹2』の第7話が放送されます。

第6話では、政府からの刺客、金融庁の黒崎が帝国航空の再建案(数字ミス)を指摘し、東京中央銀行は業務改善命令を言い渡されてしまいます。

しかし再建案の数字はミスではなく、曽根崎の上司が指示して改ざんしたもの・・。

SNSでは裏切り者が、紀本なのか大和田なのか!?

様々な意見が寄せられ、どっちなのかとても気になっている様子が伺えました。

第7話では、このとんでもない裏切り者が明らかになります。

この記事では、

半沢直樹の原作『銀翼のイカロス』から7話の裏切り者をネタバレ(予測)しています。

注意:原作のネタバレが含まれますので、知りたくない方は読み飛ばして下さいね。

『半沢直樹2』7話の裏切り者をネタバレ!紀本か大和田か気になる!

『半沢直樹2』7話のあらすじ紹介

まず、7話のあらすじから見ていきましょう。

帝国航空の立て直しを進める半沢(堺雅人)。

しかし、余剰人員の受け入れ先として東京セントラル証券の森山(賀来賢人)と共に計画を進めていたスカイホープ航空の新規路線の認可が突然、却下されてしまう。

金融庁から業務改善命令が発出され、金融庁長官に頭を下げる中野渡頭取(北大路欣也)の姿が一斉に報道されたことにより、東京中央銀行に対する世間の風当たりは益々厳しいものとなっていた。

これらの出来事を裏で動かしていたのは、国土交通大臣の白井亜希子(江口のりこ)だった。本気を出した政府の容赦ない圧力に追いつめられていく半沢。

だが、それにしてはタイミングが良すぎる。政府に行内の情報を流している裏切り者は、紀本(段田安則)なのかそれとも大和田(香川照之)なのか…。

そして、債権放棄への回答期限である「タスクフォース合同報告会」の日が刻々と迫る中、半沢は、最後の望みをかけて、開発投資銀行の谷川(西田尚美)の元を訪れる。

果たして半沢は裏切り者を見つけ出し、倍返しへの糸口をつかむことが出来るのか!?

引用元:TBS公式サイト

第6話で、金融庁から業務改善命令を言い渡された東京中央銀行。

中野渡頭取が金融庁に頭を下げたことで世間の風はより厳しいものに・・。

また、半沢は帝国航空の再建に向け、元部下であるセントラル証券の森山とスカイホープ航空の新規路線の話を進めていました。

しかしこれも突然却下されてしまいます。

この裏には、国土交通大臣の白井亜希子が関与し、半沢達を妨害しているようです。

そして、政府に情報をリークする裏切り者は、紀本(段田安則)なのか?それとも大和田(香川照之)なのか。

半沢は、とんでもない裏切り者をあぶり出し、倍返しなるのか注目です!

7話の裏切り者は紀本!?

まず裏切り者の最有力と考えられるのは、東京中央銀行 債権管理担当の紀本常務!(段田安則)

紳士的な印象を受ける紀本常務ですが、原作どおりなら裏切り者である可能性が最も高いと言えるでしょう。

半沢直樹2の帝国航空編は『銀翼のイカロス』が原作ですが、この原作に紀本も登場しています。

原作での紀本は自身の進退をかけて『債権放棄すべきと』中野渡頭取に強く訴えます。

そこにはある理由がありました。

過去、紀本は新政党の箕部啓示(柄本明)に不正融資をしており、その事実をタスクフォースのリーダーである乃原正太(筒井道隆)に握られています。

また乃原は紀本と幼馴染でしたが、ある出来事がきっかけで紀本を恨んでいる人物でもあります。

帝国航空を復活させた立役者として評価を得たい乃原は紀本を脅します。

一方の紀本は保身のために債権放棄に協力する裏切り者です。

原作どおりのストーリーなら、紀本が裏切り者の最有力となりそうですね。

7話の裏切り者は大和田!?

次に怪しいのが、東京中央銀行 取締役である大和田常務!(香川照之)

大和田は、原作『銀翼のイカロス』には登場しない人物ですが、裏切り者になる可能性はあるのでしょうか。

第6話で大和田が怪しいと思われたシーンは、東京中央銀行の曽根崎が、金融庁からの指摘に対し、『数字が異なるのは帝国航空側のミス』と説明し、その場を収めた後です。

曽根崎は、大和田と紀本に呼び出されます。

その時の会話がこちら!

紀本
紀本
ところで確認なんだが、今回の一件、本当に帝国航空側のミスなんだろうね?

そうと問われると曽根崎は目をそむけます。

大和田
大和田
どうした?お答えしないか・・

大和田にそう聞かれると、曽根崎はこころの中で・・

『えっ、なんて言えばいいんだ・・。何もかも“あなた”の指示でやったのに・・

この時のカメラは、紀本と大和田の2人を写し、裏で曽根崎を指示していたのは『紀本』とも『大和田』とも取れるシーンでした。

ただ、大和田は前作(2013年)で半沢に不正を暴かれ、懲戒解雇となってもおかしくないところを中野渡頭取に救ってもらった恩があります。

そして、今作(2020年)の1話で大和田は、中野頭取にこう伝えます。

頭取には多大な恩赦を受けました。施されたら施し返す、恩返しです!

中野渡派へ鞍替えした大和田が、もう一度頭取を裏切るようなことはあるのか。

これまでの流れからしても、7話で大和田が裏切り者になるというのはちょっと考え難いですね・・。

ただ、裏切り者でなさそうな人が実は黒幕!

というパターンは良くあるので良い意味で期待を裏切ってくれるかも知れません。

7話は本当に楽しみですね。

7話の裏切り者と繋がっているのは女将!?

次に怪しいのが、小料理屋の女将である智美! (井川遥)

ずっと怪しいと思われている小料理屋の女将ですが、東京中央銀行の役員達とどんな形で繋がっているのか気になりますね。

第2話では、大和田と紀本の名前に反応していました。

第4話でも紀本の名前に足を止め、5話では箸を床に落とす動揺も・・。

半沢が紅茶をプレゼントすると、お返しに『マカロン』をくれる女性らしい女将ですが、東京中央銀行の株主でもあり内部事情にも詳しいという・・。

女将も原作に登場しない人物ですが、裏切り者と繋がっている可能性がありますよね。

謎の多い女将・・。7話でも目が離せませんね。

7話の裏切り者は紀本か大和田か!(ネットの反応)

『半沢直樹』第7話の裏切り者について、紀本なのか大和田なのか・・。

ネットでも様々な憶測が寄せられていました。

その一部を紹介します。


ネットの反応を見ても『紀本が怪しい』と感じている方が多かったですね。

原作がある半沢直樹ですが、ドラマオリジナルの展開にも期待したい所です。

まとめ『半沢直樹2』7話の裏切り者をネタバレ!紀本か大和田か気になる!

次回『半沢直樹2』7話の裏切り者について

原作どおりの展開なら、紀本常務が裏切り者になる可能性が高そうです。

一捻りあれば、大和田や女将も関わって来るかも知れません。

個人的には、原作と全く同じより、オリジナルの展開を期待したいです。

あと何話で終わってしまうのかも気になりますが、第7話を楽しみに待ちましょう!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

日曜劇場、半沢直樹2 第7話は

8月30日(日曜)夜9:00〜です

どうぞお見逃し無く!