ニュース

『山梨20代コロナ女性』ネット批判・SNS拡散はなぜ?身元の特定はやり過ぎ?

山梨県20代の女性が新型コロナウイルスに感染した件について。

行動歴の公表以降、ネット批判や身元を特定する動きが強まりました。

その中では、やり過ぎの声も聞こえてきます。

個人情報の公表は感染症対策に有効な反面、デメリットもある繊細な問題。

20代女性へのネット批判・SNS拡散は、なぜここまで過剰になってしまったのか・・

この記事では

山梨20代女性のネット批判・SNS拡散はなぜ?

についてまとめてみました。

『山梨20代コロナ女性』ネット批判・SNS拡散はなぜ?

ネット批判・SNS拡散は20代女性の行動が原因?

山梨20代女性の批判は、なぜここまで強まったのでしょう。

20代女性の行動歴には、批判の火種が複数

20代女性の行動履歴

4月26日〜:味覚・嗅覚異常を感じていた

4月28日:都内会社に勤務

4月29日:山梨に帰省(高速バス利用)

4月30日:会社同僚のコロナ感染発覚(友人宅でバーベキュー)

5月1日:整骨院受診→PCR検査(要自宅待機)ゴルフ練習→20代男性に会う

5月2日:保健所から陽性の連絡あり高速バスで東京へ移動

5月3日:20代男性も陽性に

※4月29日〜5月1日の3日間、20代男性と買い物等で、毎日会っていた

家族ぐるみの虚偽報告も

  • 味覚異常があったが山梨へ帰省
  • PCR検査後→友人とゴルフ→男性と合う
  • 陽性と知りながら、東京へ移動
  • 公共交通機関の利用
  • 虚偽報告

等々・・

GW前、コロナ終息に向け、緊急事態宣言が全国に発令。

多くの企業や個人が自粛に協力しています。

そんな中、20代女性が取った行動は、高速道路を逆走して走るようなもの・・。

今の時期こうした行動を取れば、自粛している人を全て敵にまわし、批判が集中するのは当然のように思います。

特に彼女の行動歴に関わっている人、周辺に居住している人からすれば、身元を公表してほしいとする考えがあってもおかしくないと感じます。

ネット批判・SNS拡散は報道のやり方にも原因?

山梨県が公表した20代女性の行動履歴

○概要 (1)年代:20 代

(2)性別:女性

(3)居住地:東京都

(4)生活圏:本県での滞在は、富士吉田市、鳴沢村、富士河口湖町

(5)職業:会社員

(6)症状・経過 4 月 26 日~ 味覚・嗅覚異常。 5 月 1 日 帰国者・接触者相談センターに相談。 帰国者・接触者外来を受診。 5 月 2 日 PCR 検査の結果、陽性判明。 現在、自宅で待機中。現在の症状はなし。

(7)行動歴(発症前 2 週間以内の渡航歴:なし) ~4 月 28 日 東京の勤務先に出勤。 4 月 29 日 高速バス(15:15 バスタ新宿発山中湖旭日丘行、京王バス) で県内の実家に帰省。(新宿で乗車、富士急ハイランドバス 停で下車、親族の運転する自家用車で帰宅)

4 月 29 日~5 月 1 日 友人(56 例目)と複数回接触。 4 月 30 日 県内の友人宅でバーベキュー。 5 月 1 日 整骨院を受診。友人とゴルフ練習。 5 月 2 日 高速バス(9:25 山中湖旭日丘発バスタ新宿行、京王バス) で帰宅。(富士急ハイランドバス停で乗車、新宿で下車、徒 歩で帰宅)

(8)濃厚接触者 ・実家の親族 4 名、友人 7 名を濃厚接触者と特定。PCR 検査の結果、 1 名が陽性(56 例目)、その他 10 名は陰性。 ・整骨院については、濃厚接触者なし。 ※その他は現在調査中

引用元;https://www.pref.yamanashi.jp/koucho/coronavirus/documents/200504_case55_2.pdf

山梨県は、20代女性に批判が集まった後、『女性や家族に配慮してほしい』と発表されています。

しかし女性に配慮し難い履歴が公表されています。

  • 県内の友人宅でバーベキュー
  • 整骨院を受診
  • 友人とゴルフの練習
  • 男性との接触歴

等々・・

ここまで詳細な履歴を公表したケースは、山梨県内では初めてとのこと。

ネットやマスメディアも、批判を煽る内容を掲載?

整骨院→PCR検査→ゴルフ練習→男性と会う 山梨帰省女性

引用元:産経新聞

メディアの報道を見ても、『個人情報を特定して』と言わんばかりの内容が目立ちます。

報道側も彼女の行動に憤りを感じ、煽るような内容になってしまったのか・・。

こうした報道も、国民の感情を煽った要因の一つと感じます。

また、20代女性には、SNS上に火に油を注ぐような投稿があったとも噂されています。

嘘か本当か分かりませんが、もし本当だったすると、そうした行為も過剰な特定行動を招いた原因になっているかもしれません。

ネット批判・SNS拡散で身元の特定はやり過ぎ?

20代女性の身元の特定を望む(ネットの声)

20代女性に対し、名前や住所、会社の特定を望む声が上がっていたのは確かです。

既に某サイトでは、特定されたとの情報も。

こうした声は行き過ぎなのでしょうか。

既に、日本国内の感染者は1万5千人を超えていますが、ここまで批判が強まったケースは記憶にありません。

20代女性の身元の特定は良くない(ネットの声)


20代女性の行動に対し、身元の特定は『良くない』との声もあります。

  • 養護できるものじゃない
  • 行動は腹立たしいけど
  • 不確実な情報の拡散は良くない
  • 罪に問われる可能性もある

 

そんな風に感じている様子が伺えました。

個人的にも、腹立たしい行動と感じますが、一個人が感染者の名前や住所、勤務先、顔写真等を調べて掲載するのは非常に危険と感じます。

韓国では個人情報はどこまで公開される?

韓国でもしコロナウイルスに感染した場合、感染前の行動は全世界に知れ渡ることとなります。政府がウェブサイトやアプリの通知で公開しているからです。
名前こそふせられていますが、年齢・性別・職場・おおよその住所・利用したコンビニ・移動につかった乗り物等が公開されています。

引用元:https://cubeglb.com/media/

韓国は過去に流行したMERSの反省を活かし、新型コロナウイルスの封じ込めに成功した国。

韓国では、感染者情報の名前は伏せられているようですが、年齢・性別、職場や住所、利用した店舗/交通機関等は全て公開されるようです。

ただ、個人情報の公開は感染防止の観点ではメリットが大きい反面、デメリットも存在します。

  • 感染者情報をもとに個人名が特定されやすくなる
  • 感染者が利用した店舗、施設に近づかなくなる
  • 患者や家族への精神的、経済的なダメージが増加
  • 公開を恐れた人が検査を受けなくなる

等々

一概にメリットばかりではないんですね。

感染防止を優先するか、個人情報(利権保護)を優先するか繊細な問題で、世界各国で対応は様々です。

日本でも、韓国のような対応を取れば、一個人が個人情報の特定に走るケースは減るかも知れませんが難しい問題ですね。

まとめ『山梨20代コロナ女性』ネット批判・SNS拡散はなぜ?身元の特定はやり過ぎ?

この女性の行動は腹立たしいし、養護もしかねます。

批判される原因は、彼女自身がよく分かっているはずで、自業自得とも思います。

ただ、一個人が感染者の個人情報を特定するのはやり過ぎのように感じます。

特定すべきと考える気持ちも分かりますが、不確実な情報の拡散は危険です。

自身の身を守るためにも止めたほうが懸命でしょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。