恐怖新聞

『恐怖新聞』5話あらすじ・ネタバレと感想!詩弦の前世の秘密とは!?

2020年9月26日放送の土曜ドラマ『恐怖新聞』第5話。

第4話では、恐怖新聞の契約を誰にも移すことができなかった詩弦。

第5話では、父・蔵ノ助が『最後に言い残した言葉の意味』が明らかに・・。

この記事の内容
  1. 『恐怖新聞』5話あらすじ
  2. 『恐怖新聞』5話のネタバレと感想

『恐怖新聞』5話あらすじ

第4話で詩弦は、恐怖新聞の契約を誰かに移そうとしましたが、どうしても契約を移すことができませんでした。

また、友人である桃香に自転車のブレーキ(ワイヤー)を切られ転倒し、意識が途絶えてしまいます。

第5話では、父・蔵之介が最後に言い残した言葉、『お前が生まれてこなければ・・』の意味。

そして恐怖新聞が生まれた秘密も明らかになっていくようです。

まずは、番組の放送前にあらすじを紹介します。

時代は変わり江戸時代

ある越後屋の商家の一室で、シズ(白石聖)と母・ヤエ(黒木瞳)は、越後屋の店主である仁左衛門(駿河太郎)に奉公を願い出ていた。

シズのお腹は膨らんでおり、表情は暗く感情のない表情を浮かべている。

店主が『面倒は見られない』と断ると、母のヤエは『シズには先の世で起こる凶事が分かる』と伝え、凶事が書かれていた紙を見せる。

後日、紙に書かれていた通りの凶事が現実になると、店主は奉公を受け入れる。

お告げの利用

その後越後屋の店主は、シズのお告げを利用し店は大繁盛する。

シズは使用人でありながら、立派な部屋や着物を与えられるが、夜になると何故か悲鳴を上げ苦しんでいた。

母・ヤエは、僧侶である空元(横田栄司)を尋ねるとあることが分る。

シズのお腹の中にいるのは、人の頭を持った牛の怪物「件」。

その「件」のおかげで、シズはあらゆる凶事を予知出来るという・・。

お告げの秘密

越後屋の私利私欲に使われていたシズを気の毒に思った僧侶・空元は、ヤエを浪人である中村半次郎(佐藤大樹)の元へ向かわせる。

すると、半次郎は『力になる』と引き受ける。

一方、越後屋の店主である二左衛門は、「越後屋は侍に切り殺される」というお告げを受けていた。

半次郎は、『件』の力で越後屋が儲けていること、また『お告げを一度受け取ると100日寿命が削られる』という事実を知る。

そして半次郎は、悲劇を目撃することに。

父の遺言の理由が明らかに

『件』の力に恐怖を感じた半次郎は、『件』を殺そうと考える。

しかし『件』は、シズの腹の中。

そしてシズが言い放った言葉とは・・。

『恐怖新聞』5話ネタバレと感想!詩弦の前世の秘密とは!?

今回は全編にわたって恐怖新聞のルーツが明かされた回でした。

ドラマ化された作品としての『恐怖新聞』がどのようなものであるかを、詩弦の因縁に絡めて解説していたという印象です。

時が江戸時代に移りますが、人物名などが把握しにくかったので、配役を整理してみました。

参考にして頂ければと思います。

江戸時代編の配役
  1. 白石聖→シズ役
  2. 黒木瞳→シズの母:ヤエ役
  3. 駿河太郎→越後屋店主:仁左衛門 役
  4. 横田栄司→僧侶・空元 役
  5. 佐藤大樹→浪人・中村半次郎 役

ちなみに、ドラマで紹介された、件(くだん)のイメージはこちら↓😱

時は江戸時代

恐怖新聞は毎回予想を裏切ってくれます。

今回は突然、江戸時代の風景から幕を開けました。

週をまたいだとはいえ、そして地元紙テレビ欄のあらすじを見ていたものの、唐突過ぎる場面転換にびっくり・・。

ヤエとシズという母娘が、越後屋という羽振りのいい商人の元に奉公を願い出ている冒頭のシーンから始まります。

配役から現世の誰に該当するのか、何となく類推しながら見てしまったのですが、後にこの配役がミスリードを誘う演出だったと思い知らされることになりました。

未来を予言する娘

越後屋は最初、シズたち母娘を雇おうとしませんでしたが、シズが未来を予言する不思議な力を持っていることを知り、自分の商売に役立てるべく奉公を受け入れます。

江戸時代の一般的な奉公人の扱いまで調べていないため、詳しいことがわからないのですが、それなりに大事にされていたように見えました。

しかし、「時代劇」で「越後屋」というと、いいイメージがなかなかないのが実情です。

恐怖新聞江戸編での越後屋も、シズの予言を商売のために利用する者として描かれていました。

とは言え、「嫌がるシズに無理やり予言をさせていた」わけではなく、「転がり込んできた不思議な力を、有効活用している」範囲のように見えたのも事実でした。

もっとも、塩を積んだ船が沈み、塩を求める人が押し寄せる裏で、「多少割高にしても絶対に売れる」などと悪だくみをしていたので、いい人か悪い人かで区分するのであれば、「まあまあ悪い人」に相当するだろうか、とは思いましたが。

予言をもたらす怪物・件(くだん)

シズのお腹にいる赤ん坊が、予言をシズに与えていること、予言の声はシズにしか聞こえないこと、赤ん坊の正体が「件」と呼ばれる怪物であることなどが中盤で明かされました。

この事実は、越後屋や越後屋を恨む浪人・中村半次郎、そしてヤエとシズの母娘を支える僧侶の空元も知っていました。

越後屋は件の予言を金儲けのために使い、空元は苦しむ人々を救うために仏が遣わした力だと言っていました。

見ている側としては「どちらが正しい」かはわからない、というのが正直な気持ちです。

ただ、越後屋が「安い給料でこき使っている」とヤエが言い出した点が気にかかりました。

半次郎の妹のことも明らかになり、やはり越後屋は金儲け目的の小悪党で間違いないようだということは、この段階で確定しました。

件の力を金儲けに利用していたようですが、寿命を削られるという制約は越後屋にかかっていたらしいことも、何やら体調の良くなさそうな越後屋の様子で判明していたので、「まあ、妥当な対価を支払わされていたのだろうな」と感じました。

中盤以降で気にかかったのは、シズの母ヤエの動きです。

半次郎に越後屋のことを相談した際の、意味深な笑みが非常に気になりました。

狙われた半次郎

一方のシズは、ごろつきに絡まれていたところを救われた縁と、ヤエの動きで越後屋に話をつけに来たところを出会ったことで、半次郎とやや距離が縮まった様子が見られました。

しかし、夫を目の前で殺された過去があるため、心を病んでしまった彼女はどこか虚ろでした。

このあたり、シズ役の白石聖さんはとても上手に演技されていたと思います。

半次郎が人を斬ること、シズのお腹の子をも殺そうとすることを予言されたシズと、信じられない半次郎の裏で、越後屋が目障りな半次郎を始末しようと何やら仕事人に依頼を持ち掛けます。

雇われ暗殺者と乱闘になる半次郎は、とうとう襲い掛かってきた相手を切り殺してしまいました。

件がシズに伝えた予言が当たったのです。

ちなみに、この殺陣をこなした半次郎役は佐藤大樹さん。

EXILEのメンバーということで、キレのある動きは流石でした。

ついに明らかになった真相

刺客を撃退した半次郎は、空元を訪ねます。

そこにはヤエもおり、半次郎は今あったことをふたりに伝えました。

「件は仏が遣わしたものであり、シズはその巫女である」「件の予言を受け取ると、寿命を100日奪われる」ことを空元はここで明かすのですが、ヤエは越後屋に寿命のことを伝え忘れていました。

この一大事を伝えに3人は越後屋に急行しましたが、間の悪いことに雇われ仕事人が半次郎を始末し損ねたことを報告している最中でした。

取り乱した越後屋は半次郎を始末するよう命じ、結果仕事人共々越後屋は半次郎に手にかかってしまいました。

人が斬り殺されていく様を目の当たりにしたシズが、ついに真実を語り始めたのですが、この内容があまりにも衝撃でした。

シズの夫を殺したのは、ヤエであること。

シズのお腹の子を件にしたのも、ヤエであること。

全ての諸悪の根源は、ヤエ・・。

予言の力を利用しようとしていたのは、実はそもそもヤエが始まりだったのです。

真実が明るみに出たヤエは、シズを殺し、空元をも手にかけてしまいます。

半次郎に「鬼のような女」とまで言われたヤエの姿は、欲に塗れて何もかもを見失う人間の、最も恐ろしい姿を現しているように見えました。

この演技を見事こなした黒木瞳さんはやはりすごい女優さんですね。

シズの死後も、予言の紙は時折現世に届くようになり、これがのちの恐怖新聞であることが明らかになりました。

そして、契約者の寿命を奪っているのは、件であることも語られました。
しかしそうなると、鬼形礼というあの人物は何者なのかという疑問が残ります。

件はまだこの世に生まれていないようなので、鬼形礼イコール件だとは、なかなか考えにくいですね、

詩弦の前世

鬼形礼によって、この世とあの世の狭間に連れてこられた詩弦は、前世の夢を見せられていました。

「前世の罪を償わなくてはならない」と言われた詩弦はそこで、「実の娘を苦しめた鬼のような母・ヤエ」が、自分の前世であることを悟ります。

父が今わの際に言った言葉は事実でした。

衝撃の事実に、詩弦は絶叫します。

恐怖新聞と自分とに、このような因縁があると知り、今後詩弦はどうするのか。

残り2話が非常に気になります。

まとめ『恐怖新聞』5話あらすじ・ネタバレと感想!

てっきり、詩弦の前世はシズの方だとばかり思っていたので、まさかの前世の因縁にただただ驚かされた第5話。

しかし、詩弦の父親は、どこでこの因縁を知ったのかが気になります。

神社にお参りしていたという話が関わっているのか、次回以降で明かされると嬉しいと思います。

件は有名な妖怪ですが、恐怖新聞がそれを興味深いアレンジをして取り入れたことや、現代版のドラマとして設定を上手く作っていることも、今回の内容から理解することができました。

次回以降はまた、詩弦を取り巻く人間関係の怖い描写が出てくるようなので、残りの話を楽しみに待ちたいと思います。

『恐怖新聞』見逃し動画を無料で視聴する方法は?

『恐怖新聞』はFODプレミアムで全話配信中です!

こんな悩みをお持ちではありませんか?

  • 見たいシーンを見逃した
  • 夜だと怖くて見られない
  • 1話から一気に視聴したい
かわきち
かわきち
FODプレミアムなら見逃し動画を好きな時間に視聴できるのでオススメです
FODのおすすめPOINT!
  1. 人気ドラマ・映画・アニメ等の動画が4万本!
  2. 有名雑誌100誌以上が見放題!
  3. 毎月1,300円相当のポイント付与!
  4. 2週間のお試し無料期間が嬉しい!
かわきち
かわきち
FODは、2週間の無料期間中に解約すれば、お金は一切かからないので安心してね

\2週間無料キャンペーンはこちらから!/

かわきち
かわきち
FODの登録方法と解約はとっても簡単です。詳細はこちらの記事で詳しく紹介しています↓
『FODプレミアム』アマゾンペイ解約方法は誰でも簡単!2週間無料視聴方法!FODプレミアムは、フジテレビの人気ドラマ・映画・アニメ等が楽しめる動画配信サービスです。 特に月額888円(税抜き)で利用できる...

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

『恐怖新聞』6話あらすじネタバレと感想!アシカガは誰!?この記事では、10月3日(土)放送の、『恐怖新聞』第6話のあらすじネタバレと感想をお届けしています。 第5話は、いきなり江戸時代か...
恐怖新聞の桃香(ももか)役は誰!怖すぎる演技が評判に!?2020年8月29日からスタートした土曜ドラマ『恐怖新聞』。 怖いドラマですが、放送回を重ねるごとに益々怖くなっていく人物がいます...
【恐怖新聞】全何話でいつからいつまで放送?2020ドラマ2020年8月29日(土)から、ドラマ『恐怖新聞』がスタートします。 原作は、つのだじろう氏が手掛ける漫画『恐怖新聞』で、週刊少年...