ニュース

『東京事変のライブ』なぜ決行?コロナ感染者はいつ頃出るのか?

椎名林檎が率いる『東京事変』のライブが予定どおり決行されました。

この判断にネットでは賛否の声が上がっています。

日本政府がイベントの中止や延期を求めるかな、なぜライブを決行したのでしょう?

この記事では

  • 東京事変がライブを決行したのはなぜ?
  • コロナウイルス感染者はいつ頃でるのか?

についてまとめて見ました。

『東京事変のライブ』なぜ決行?

東京事変のライブ日程は?

シンガー・ソングライター、椎名林檎(41)がボーカルを務める5人組バンド、東京事変が29日、東京・丸の内の東京国際フォーラムでツアーの初日を迎え、8年ぶりに再始動した。2012年の同日に解散しており、新型コロナウイルスの感染拡大によりイベント中止が相次ぐなか、予定通りこの日に決行。

ヤフーニュース引用

椎名林檎がボーカルをつとめる『東京事変』

復活ライブが東京国際フォーラムで予定どおり決行されました。

開催場所 人数
2月29日(土) 東京国際フォーラム 約5000人
3月1日(日) 東京国際フォーラム 約5000人

開催期間:2月29日と3月1日の2日間

開催規模:約5000人×2日=約10000人

LIVE時間:約1時間半

ライブ当日は、入場者全員が手を消毒し、ほとんどの観客はマスクを着用。

コロナウイルス感染防止への配慮がされていました。

参加を自粛されたファンもいたようですが、当日はマスク姿のファンで満員だったとのこと。

しかし、LIVE会場は不特定多数の人が多く集まる場所です。

コロナウイルスの感染が広がる中、LIVE決行は批判覚悟の上だったのでしょうか。

東京事変は、ライブをなぜ決行した?

日本政府は2月26日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、今後開催されるイベントの中止や延期、縮小等の対応を要請していました。

政府の要請を受けて、人気アーティストグループ

  • 『Perfume』東京ドーム
  • 『EXILE』京セラドーム大阪

は、開催当日にも関わらず、ライブイベントの中止を発表。

『Perfume』や『EXILE』メンバー、そして主催者も苦渋選択だったと思われます。

ファンにとっても本当にやりきれない残酷な一日となってしまいました。

政府の要請や、先に中止を決定した人気アーティストがいる中、東京事変はなぜライブを決行したのでしょう。

①ファンを大切にしたかった?

LIVE直前で中止となってしまった『Perfume』や『EXILE』のファン。

気丈に振る舞うファンもいれば、落胆を隠せないファンもいました。

突然の中止も仕方がない状況とはいえ、

当日のライブを楽しみに足を運び、現地に着いて中止って・・。

気丈に振る舞うファンもいますが、相当辛かったのではないでしょうか。

 

 


東京事変のファンの中には、泣く泣く参加を断念したファンもいます。

ファンの事を考えたら、何とか開催したいと考えるのも当然のように思います。

東京事変のライブ決行も苦渋の選択だったのかも知れません。

 

②開催中止による損害を最小にしたかった?

音楽関係者によると、ドーム公演は1回では黒字にならず、複数回実施し、Tシャツなどのグッズを販売して初めて主催者側は利益が出るという。「ドーム公演が1回中止になれば実損2億円。

ヤフーニュース

4万人規模で実施が予定されていた『Perfume』イベント。

この規模で東京ドーム開催が1回中止になると、損害が2億円にも及ぶのだそう・・。

グッズの売上等の含めると10億円以上にもなるとのこと。

東京事変のイベントは、10,000人規模。

仮に『Perfume』の被害額の1/4だったとしても・・

その損害額は大変な金額です。

正確なところは分かりませんが、大きな損害が出てしまうことは確実です。

主催側としては、この影響を回避したかったのかも知れません。

 

③復活ライブ2月29日は、8年前の特別な日

チケットは手に入らず、グッズを買うために訪れた20代女性は「大学受験が終わって見に行った思い入れ深い解散ライブは8年前のうるう日でした。だから復活ライブもうるう日なんだと思います。今日を逃すと4年後になってしまう。ライブの開催を応援したいですね」とライブ開催の意味を語った。

ヤフーニュース(日刊スポーツ)

東京事変は8年前の2012年うるう年に解散。

2020年1月1日『再生』を発表しています。

復活ライブは、その特別な日

2月29日(うるう年)に当てていました。

その2月29日を皮切りに、4月9日まで全国6都市13公演のツアーを予定していました。

特別な日でもあり、ツアー初日の大事な日。

そんな、思い入れのある2月29日(うるう年)のライブを、なんとか成功させたかったのかも知れませんね。

『東京事変のライブ』コロナ感染者はいつ頃出るのか?

大阪市内で行われたライブでは、約16日後に感染確認

東京事変のライブ参加者から感染者が出るとしたら、いつ頃になるのでしょう・・

あくまで個人的な見解を記載します。

大阪市内のライブハウスで行われたコンサートに参加した男女4人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことを受け、クラスターと呼ばれる集団の感染が発生した疑いがあることから、厚生労働省は2日、研究者などでつくる対策班を大阪に派遣しました。

NHK NEWS WEB

2月15日に行われた、大阪ライブハウスでのコンサート。

このライブ参加者から4人の感染者が確認されています。

  • 参加者:約100人
  • ライブ開催日:2月15日
  • 感染者の人数:4人
  • 感染(陽性)の確認:3月2日
  • 感染(陽性)までの期間:約16日

感染した4人は、ライブ開催日から数えて約16日後に陽性が確認されています。

札幌雪まつりでは、約14日以降で感染者が増加

「感染した男性と一緒に『さっぽろ雪まつり』会場で事務作業をしていた」。札幌市が2月20日に感染を発表した男性。18日に判明した感染経路不明の別の男性と同じ建物で仕事をしており「この男性から感染したと考えられる」と説明した。今年は2月4~11日に催され、約200万人が訪れた一大イベント。

福井新聞 引用

  • 参加者:約200万人
  • 札幌雪まつり期間:2月4〜11日
  • 感染者の人数:77人(3月2日時点)
  • 感染(陽性)までの期間:約14日頃〜
北海道内の感染者数の推移

北海道では『雪まつり開催日』から数えて、約2週間(14日)後に感染者が増加。

全て雪まつりの参加者が感染したわけではありません。

しかし、不特定多数の人が集まるイベント後は、感染者が増加している傾向が伺えます。

東京事変のライブ参加者は、いつ頃感染が確認されるのか?

ライブ期間:2月29日、3月1日の2日間

開催規模:約5000人×2日=約10000人

感染者が出るのはいつ頃?:3月14〜16日頃(約2週間後)

東京事変のライブ参加者から、感染者は出てしまうのか・・。

『大阪ライブ』や『札幌雪まつり』から推定すると

あくまで個人的な予測ですが、約2週間後に感染者が出てしまうかも知れません。

杞憂に終わればよいのですが・・。

ネットの反応は賛否

肯定する意見

否定的な意見も

ネットでは、肯定的な意見も、否定的な意見も上がっています。

まとめ『東京事変のライブ』なぜ決行?コロナ感染者はいつ頃出るのか?

東京事変は、なぜライブを決行したのか?について記事を書かせて頂きました。

ライブを決行したのはなぜ?

  • ファンの気持ちを大切にしたかった
  • 損害を抑えたかった
  • 復活ライブは特別な日だった(うるう年)

もし感染者が出た場合いつ頃?

  • 3月14日〜16日頃(予測)

東京事変がライブを決行した真意は分かりませんが、個人的な見解でまとめさせて頂きました。

東京事変は、純粋にファンを大切にしたかっただけなのかも知れません。

ですが、コロナウイルスの感染拡大が心配されている状況です。

決行に踏み切った判断は本当に正しかったのでしょうか・・。

今後がとても心配です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。