ニュース

『給付金10万円』もらえない人はいるの?注意点は基準日と世帯主への振り込み

政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経済対策として給付金10万円の支給を決定しました。

この『特別定額給付金』の事業費は約13兆円と言われています。

基本、全国民が10万円の給付対象となりますが、『給付金をもらえない人』はいるのでしょうか?

この記事では

  • 『給付金10万円』もらえない人はいるの?

についてまとめてみました。

『給付金10万円』もらえない人はいるの?注意点は基準日と世帯主への振り込み

給付金の対象になるには基準日に注意が必要

給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者

総務省HP 引用:

赤ちゃんも給付の対象ですが、基準日(令和2年4月27日)を過ぎてしまうと対象から外れてしまうので注意が必要です!

給付金10万円の給付対象になるには、基準日(令和2年4月27日)時点で、住民基本台帳に記録されていることが条件になります。

この条件を満たしていれば、年齢や国籍を問わず給付の対象になるということですね。

但し、新生児の赤ちゃん等は注意が必要です。

生まれてすぐ出生届けを出しても、住民基本台帳に記録されるまで、約1週間程度かかってしまいます。

また、基準日以前に亡くなられた方についても対象から外れてしまいます。

基準日から外れてしまうと、給付金がもらえなくなってしまうので注意が必要です。

 

給付金の対象になるには住民票の登録が必要

住民票の登録がないと、給付金の対象から外れてしまう可能性があるため注意が必要です。

給付金の対象者には、市町村から申請書が送られてきます。

しかし、住民票の登録がなければ住民基本台帳にも記載されないため、申請書が送られてきません。

ホームレスやネットカフェ難民も給付の対象ですが、未登録であったり抹消されていた場合は対象から外れてしまうため注意が必要です。

ご参考

住民基本台帳とは、個人情報が記載された住民票をまとめた行政で管理しているものです。住民票の登録がされて入れば台帳で管理されております。

https://japan-crc.com/ccn/news/20200420_ao/

 

給付金は世帯主に振り込まれる点に注意

受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

総務省HP 引用:

給付金10万円の申請は、世帯主が代表して行い、お金は指定された銀行口座に振り込まれます。

例えば、夫婦2人+子供2人の家庭の場合、世帯主である旦那さんが代表して申請し、指定された口座へ振り込まれます。

ここでの注意点としては、世帯主と別居している場合です。

  • 妻が家庭内暴力を受け世帯主と別居中
  • 子供が虐待を世帯主と別居中

このようなケースでは、世帯主である夫がお金を受け取り、使い込んでしまう危険性があるので注意が必要です。

 

ネットの反応

ネットの反応を見ても、世帯主やDV親に給付金が渡ってしまうことに対して不満の声があがっていました。

せっかくマイナンバーがあるのですから、上手く活用して頂きたいと感じました。

まとめ『給付金10万円』もらえない人はいるの?注意点は基準日と世帯主への振り込み

給付金10万円がもらえない人は?注意点は?

  • 基準日(令和2年4月27日)に住民基本台帳に記録がない人
  • 世帯主と別居状態にある人

上記にあてはまる人は、受け取れない可能性があるので注意が必要です。

不明な点があれば、総務省にコールセンターが設置されています。

もし悩みや困りごとがあれば、まずは問い合わせてみましょう。

【コールセンターの概要】
○連絡先 03-5638-5855
○応対時間 9:00~18:30 (土、日、祝日を除く)

総務省 リンク先

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。