ニュース

『給付金10万円』世帯主以外の口座で受け取る方法は?申請方法は違うの?

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急経済対策として国民一人当たり10万円の給付が決定されました。

この給付金については、基本は世帯主の銀行口座に振り込まれます。

しかし、世帯主から暴力を受ける等して、別居中の親や子供はどうなるのでしょうか?

給付金10万円を受け取ることはできるのでしょうか?

この記事では

給付金10万円を世帯主以外の口座で受け取る方法

について紹介していきます

『給付金10万円』世帯主以外でも受け取れる?

世帯主の暴力によって、住民票と異なる住所に避難している親子などは、現在住んでいる市区町村に申請をおこなうことで、世帯主とは別に、子どもなどの分も含めて給付金を受け取ることができます。

NHK NEWS引用:

Q:給付金10万円は、世帯主以外でも受け取れることが出来るのでしょうか?

A:世帯主の暴力等によって親子が避難している場合でも、給付金を受け取ることが出来ます。

給付金10万円(特別定額給付金)が受け取れる対象は、基準日『令和2年4月27日』に、住民基本台帳に記録されている者が対象です。

この条件さえ満たしていれば、基本、日本国民は誰でも給付金10万円を受け取ることができます。

但し、赤ちゃん(お腹の中の子含む)の場合は、基準日の条件を満たしている必要があるので注意が必要です。

世帯主以外の口座で受け取る方法は?申請方法は違うの?

給付金10万円は世帯主以外の口座でも受け取れる?

世帯主の暴力によって、住民票と異なる住所に避難している親子などは、現在住んでいる市区町村に申請をおこなうことで、世帯主とは別に、子どもなどの分も含めて給付金を受け取ることができます。

NHK NEWS引用

Q:世帯主から暴力を受けている場合はどうすれば良いのでしょう?申請方法等が異なるのでしょうか?

A:世帯主以外が申請する場合は、その市区町村に申請することで給付金が受け取れます。

ただし、申請のやり方が異なるので注意が必要です!

①:事前に世帯主から『暴力を受けている』『避難している』これを確認できる書類の提出が必要になっています。

必要書類(申出書)は住んでいる自治体の窓口で受け取ることが可能です。

②:基本4月30日までの書類提出を呼びかけています。

期限を過ぎても受け付けてもらえるようですが、世帯主との2重払いを避けるため、早めの申請を呼びかけています。

申請書は、総務省のホームページからも入手が可能となっています。

リンク先⏩ 総務省ホームページ

世帯主から避難している理由等、証明が難しい場合も考えられます。

まずは、不明な点や心配な点等、早めに市役所に相談して見ることをおすすめします。

ネットの反応

給付金10万円の申請方法や受け取り方法が発表された当初、

世帯主以外でも受け取れるようにするべき!

との声がネットでもあがっていました。

現在、そうした家庭にも配慮した給付制度に見直されています。

まとめ『給付金10万円』世帯主以外の口座で受け取る方法は?申請方法は違うの?

給付金10万円、世帯主以外の口座で受け取る方法(まとめ)

給付金は世帯主以外でも受け取ることが可能です。

注意点としては

  • 事前に世帯主から『暴力を受けている』『避難している』を証明できる書類の提出が必要。
  • 必要書類は自治体の窓口で受け取り可能
  • 基本4月30日までの書類提出を呼びかけています。

※申請時に振込先の口座を登録すれば、受け取りが可能。

証明が難しい場合等も想定されるため、早めに市役所窓口への相談をおすすめします。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

『給付金10万円』子供はもらえるの?申請方法や受け取り方はどうなる?安倍総理は4月16日、国民一人当たり一律10万円の給付を行う方針を固めました。 国民一人に10万円となると、その予算は約13兆円な...