ニュース

『9月入学』反対意見まとめ!今はコロナ対策やオンライン整備が優先?

新型コロナウイルスの影響で学校の休校が長引く中、『9月入学制の導入』が話題となっています。

メディアは、影響力のある知事や教育評論家の声を取り上げ、『今やるべき』『グローバルスタンダードに』といった風潮が強まっているようです。

その一方で、反対の声も多く上がっています。

今この時期に、9月入学制を導入することが本当に最善なのでしょうか。

この記事では

9月入学の反対意見について

まとめてみました。

『9月入学』反対意見まとめ!今はコロナ対策やオンライン整備が優先?

①9月入学制の導入は計画的に進めてほしい

9月入学の導入について、計画的に進めてほしいと感じている方が多数います。

決して反対しているわけでは無く、むしろ将来的にグローバル標準に合わせることに対して、肯定的に捉えている方は多いです。

  • コロナ終息が見えない混乱の中、今突然変えるのは無理がある。
  • もっと計画的に考えてほしい

そんな風に感じている様子が伺えました。

また、学力格差が広がる懸念については、オンライン授業を充実される方が効果が高く現実的という声も上がっていました。

 

②学力に差がつく?勉強する人は勉強する!

学力差が広がることへの懸念については、勉強する人はどんな環境でも勉強しているという意見です。

  • 課題は学校から出されている
  • しっかり自主学習に取り組めば良い
  • 分からないことはネットで調べられる
  • 休校期間は自由時間ではない

やる人はどんな環境でも勉強しているし、9月に遅らせる必要はないと感じています。

その他に

  • 9月入学を導入するより、オンライン授業の充実を図ったほうが良い
  • 今は医療関係者への補助や、ワクチン開発に力を注いでほしい

そんな声も上がっていました。

③9月入学賛成派は40代以上の大人が大半

9月入学に対するアンケート調査では、賛成派の大半は40代以上の大人が占めています。

当事者である10代前後の学生たちの多くは反対しているんですね。

賛成しているのは40代以上(特に50代、60代が多い)の大人が大半です。

このまま強引に推し進めても、大人たちの勝手な都合になりかねません。

多くの当事者が反対しているのなら、もっと議論が必要と感じます。

④今はコロナ対策を優先すべき

『今はコロナ対策を優先すべき』という意見です。

また、『メディアが賛成派の意見を取り上げすぎ』という声も上がっています。

メディアは主に影響力のある知事や教育評論家の賛成意見を取り上げています。

 

反対派の多くは

  • もっと反対派の意見も聞いてほしい
  • 今はコロナ対策に集中すべき

そんな風に感じている様子が伺えました。

学校の入学制度を変更するとなると、しっかり準備しても相当大変なはずです。

コロナで混乱の中、約3ヶ月という短期間で実現できるとは考え難いです。

本当に今やるのが最善なのでしょうか。

まとめ『9月入学』反対意見まとめ!今はコロナ対策やオンライン整備が優先?

9月入学反対派の意見について、記事を書かせて頂きました。

  • 9月入学制は計画的に進めてほしい
  • 賛成派の大半は40代以上
  • 当事者の多くは反対している
  • 勉強はやる人はやる
  • オンラインの整備を優先すべき
  • 今はコロナ対策を優先すべき

 

その他、『日本文化(春の桜の時期に入学)を大切にしたい』という声や、『9月にコロナが落ち着いているかもわからない』そんな声も上がっていました。

賛成派は、日本の将来(留学含めた国際競争力の強化)と、時間的な余裕が生まれることで、学力格差を埋めることができる。

そんなところにメリットを感じているのかと思います。

反対派も、9月入学に反対している訳ではないですが、見ている視点が違うんですね。

 

個人的には、優先順位をつけて取り組むべきかなと思います。

  1. コロナ終息の問題
  2. 学力差の問題
  3. 国際競争力の問題

まず①と②、いつ終息するかわからないコロナの問題と学力差に対し、学校は早くオンラインの整備を進める。9月以降も休校になる可能性があるし、その方が即効性があって現実的と感じます。

コロナだけでなく災害時にもメリットがあると感じます。

③については、『今やらないとできない』とかはちょっと乱暴かと思います。目的や今やる必要性をしっかり説明しないと、コロナで国民が困窮している中、強引に推し進めても上手く行かないように感じます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。