ニュース

【スケボー事故動画】なぜ4歳児はワゴン車の下敷きに!?世田谷区

2020年6月23日、東京都世田谷区で4歳の男の子がワゴン車に引かれ死亡するという残念な事故が発生しました。

発生現場は、世田谷区中町の交差点。

4歳の男の子はスケートボードを腹ばいになりながら手押しで乗っていたそうで、40代男性が運転するワゴン車の下敷きになったと報道されています。

とても残念な事故ですが、なぜ4歳の男の子はワゴン車の下敷きになってしまったのでしょう。

【スケボー事故動画】なぜ4歳児はワゴン車の下敷きに!?世田谷区

4歳児がスケボーで事故!発生状況と事故動画


6月23日午後1時過ぎ、4歳の男の子がワゴン車の下敷きになり死亡するという残念な事故が発生しました。

男の子は世田谷区中町の交差点でワゴン車にひかれ、警察官が駆けつけた時にはワゴン車の下敷きになっており、心肺停止の状態で救急搬送。

その後、残念ながら息を引き取っています。

とても痛ましい事故ですが、なぜこのような事故が発生してしまったのか・・

何に注意しなければならなかったのか、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

事故発生時、男の子はスケートボードに腹ばい状態で乗っていたことが目撃されており、事故を目撃した人は以下のように話されています。

 「音がドンってなって、見たら(男の子が)ひかれていた。交差点があって、向こうから、おばあちゃんが先に渡っているところを、スケボーの男の子がこう来て、車にこうはねられた。ロングのスケートボードに乗って、腹ばいで走っていました」(事故を目撃した人)

引用元:TBSニュース

 

↓こちらが事故発生時の状況(再現動画)です。

ワゴン車の運転手は、男の子を連れていた祖母が交差点を横断するのを待った後に再発進。

その直後、祖母を追って男の子がスケートボードに腹ばいの状態で交差点に侵入し、ワゴン車の下に潜り込んでいます。

ワゴン車の運転手から見れば、男の子の姿は全く見えなかったのではないでしょうか。

運転手は祖母が交差点を横断するのを待ち、自転車に乗った女性も運転手に道を譲っていっていますから、当然発進するでしょう。

運転手の視界に男の子の姿が少しでも映れば、急停止できたかも知れませんがそれも難し状況だったように感じます。

現場には約7メートルに渡りひきずられた跡があったそうで、警視庁はワゴン車を運転していた自営業の男性(47歳)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。

スケボー事故!なぜ4歳児はワゴン車の下敷きに!?

保護者がスケボーの危険性を知らない?

スケボーは転倒しやすく頭を打ったり骨を折る等の大怪我をしたという話を良く聞きます。

スケボーは誰でも気軽に購入でき、子供でも簡単に遊べてしまう遊具ですが、近年はベアリング性能も上がりスピードもでるのでとても危険です。

もちろんヘルメットやプロテクター等は必須です。

安全な場所で遊んでも常に転倒し怪我をするリスクがあり、ましてや公道で使うのは本当に危険すぎます。

保護者は危険性をもっと強く認識する必要があるように感じます。

スケボーは車道で遊んでも違反にならない?

スケボーの公道利用が違反にならないというのも原因の一つと感じます。

車道でスケボーに乗るほうが悪い!と感じた人も多いかもしれませんが、スケートボードは軽車両(自転車)等とは別の道路交通法(76条4項3号)で定められています。

交通のひんばんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。

https://www.takaragaike.co.jp/doukou/s0505.htm

簡単にいうと、スケボーは車道で遊んでも全てが違反行為にあたるわけではない、ということなんですね。

「交通のひんぱんな道路」では禁止されているようですが、その線引は難しくケースバイケースといわれています。

スケボーは誰でも簡単に遊べてしまう遊具ですが、小さいお子さんの場合、危険性を正しく認識させることは難しいでしょう。

特に小さいお子さんの場合は、いつどんな行動を取るか分からないので、公道ではしっかり手を繋いで上げることが必要と感じます。

子供はスケボーでワゴン車の下に潜り込めるのか?

残念な事故となってしまいましたが、小さな体とスケボーでワゴン車の下に潜り込めるものなのでしょうか・・。

車の最低地上高は、セダン系の車で約150㍉〜160㍉(15㌢〜16㌢)くらいです。

ワゴンやSUV系でも約200㍉(20㌢)程度でしょう。

20㌢というと、サッカーボール(小学生用4号玉)程度のスペースしかありません。

 

5号玉 4号玉 3号玉
目安 中学生〜プロ用 小学生用 幼児〜低学年
直径 22㌢ 20.5㌢ 19㌢

 

ワゴン車の最低地上高(路面と車の隙間)は、およそサッカーボール程度の隙間(20㌢程度)しかなかったはずです。

スケボーの高さは上の画像から10㌢。子供の体(厚み)も4歳時とはいえ10㌢以上はあったと思います。

それでもワゴン車の下に潜り込んだということは・・

  • 頭を低くして突っ込んでしまった
  • スケボーにスピードがあった
  • ヘルメットをしていなかった

 

等が考えられます。

目撃者も『子供が挟まれ出せない状況であった』と証言されていることから、本当に僅かなスペースに、無理やり体を突っ込ませるような状況であったと推定されます。

目撃者「聞き慣れない音だと思って、そしたら子どもさんが挟まれてて。救急車が来たのが20分後くらい。中にもぐり込んでて出せないので、板を挟ませて出すという」

引用元:FNNプライムオンライン

スケボー事故で4歳児ワゴン車の下敷きに(世間の反応)

スケボー事故について、SNSでの反応を調べて見ました。

人によって意見は様々。

運転手を養護する意見もあれば、亡くなられた子供の両親を気遣うコメントも寄せられていました。

まとめ【スケボー事故動画】なぜ4歳児はワゴン車の下敷きに!?世田谷区

スケボーで4歳の男の子が死亡するという残念が事故が起こりました。

事故の発生状況から、運転手は避けるのは難しかったように感じますし逮捕というのも酷ではないかと感じます。

また、子供を亡くしてしまったご両親の悲しみも計り知れません。

同じような事故が二度と起きないことを願うばかりです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。