【ラグビーのルール】初心者にわかりやすい図解で解説!基本ルールを2ステップで紹介

クロ

ラグビーのルールを初心者にも分かりやすく解説してほしい💧
そんな悩みにお答えします

ウタ

 

ラグビーのルールは、なんとなく複雑なイメージがありますよね。

ラグビーを知らない初心者には、人数もポジションも多くて、さっぱり💧だと思います。

『プロップ?』『No8?』とか言われても。全くわかりませんよね(笑)

 

複雑そうですが、意外とそうでもないので、この際、基本的なところを少しだけ覚えてみませんか?

少し覚えるだけで、もっとラグビーが好きになって楽しめると思います!

 

この記事では、基本的な部分を2ステップで紹介します!

 

ラグビーのルール 2ステップ紹介①:フォワード、バックスの特徴と役割

②:試合時間、得点方法、反則等

【ラグビーのルール】初心者にわかりやすい図解で解説!①

『フォワード、バックス』の特徴と役割

ラグビーは15人でやるスポーツで、15のポジションがあります。

大まかに解説すると

・フォワード :体格がよい(8人)

・体格がいい

・体重がある、身長が高い

・体を張って頑張る

・スクラムに強い

・ゾウ(動物のイメージ)

・バックス :上手い、足が速い(7人)

・体格はFWに比べ小さい

・キック・パスが上手い

・足が速い

・足でトライを奪う

・チーター(動物のイメージ)

まずは、これだけでもザックリ覚えてしまいましょう!

 

フォワード(FW)のポジションと役割

次に、フォワード8人のポジションと役割です。

FWは、大きな体を活かし、スクラム等で攻めたり、守ったりする要です。

 

攻撃するときも、守るときも、常に最前線で相手に体をぶつけ、当たり負けしない、強靭な体が求められるポジション。

 

強力なセットプレー(スクラム、ラインアウト等)で、その持ち味である力強さを発揮し、圧倒的迫力で観客を魅了します!

 

他のスポーツでは見られない醍醐味ですね!

 

背番号【1】【3】PR(プロップ)

体格がよく、体重が重い人がやります。

最前列でスクラムを組むので、強靭な体と首の筋力が必要不可欠なポジションです。

背番号【2】HO(フッカー)

プロップ同様、体格がいい人がやります。

スクラム時は、SHが投げ入れたボールを足でかき出します。又、ラインアウト時は、ボールの投げ入れ役となることも多く、センスが要求されるポジション。

背番号【4】【5】LO(ロック)

体格がよく、一番大きい人がやります。

スクラム時、フロントロー(1、2、3)を後ろから押します。又ラインアウト時は、ジャンパー役を担います。

背番号【6】【7】FL(フランカー)

スクラム時、左右後方から押します。

常にボールに絡み、ボールを奪うためのタックル能力や走力が求められるポジション。スタミナが要求されます。

背番号【8】No8(ナンバーエイト)

スクラムの最後尾でFWをコントロールします。

攻守の要となるため、高い身体能力(パワー、走力)と判断力が求められます。

 

バックス(BK)のポジションと役割

次に、バックス7人のポジションと役割です。

バックス(BK)は、主にボールを動かしトライに結びつける役割を担います。

 

フォワード(FW)と異なり、ガシガシ体をぶつけあう密集から離れた位置でボールをもらい、攻撃をしかけます。

 

BKの魅力は、まず正確なパスやキックの技術です(楕円のボールを正確にコントロールします)

 

又、自陣後方から、快速を飛ばし、相手ディフェンスを振り払い、一気にトライに結びつける姿で観客を魅了してくれます!

背番号【9】SH(スクラムハーフ)

スクラムにボールを投入したり、ボール受けたり、FWとBKを繋ぐような役割を担います。

パスの技術や試合状況に合わせた判断力が求められるポジションで、比較的小さな選手が多いのが特徴です。

背番号【10】SO(スタンドオフ)

試合をコントロールする司令塔の役割を担います。

主に、SHから受けたボールを、パスやキックで、バックス(BK)を走らせトライに結びつける攻撃の要!

背番号【11】【14】WTB(ウイング)

バックス(BK)の両サイドに位置し、足の速さを活かしトライを狙います。

足が速く、タックルをかわす俊敏さが求められるポジションです!

背番号【12】【13】CTB(センター)

攻撃時は、自らトライを狙ったり、WTB(ウイング)へボールを廻しトライを狙う役割を担います。

ディフェンス時は、タックルする機会も多いため、タックル能力も求められます。

背番号【15】FB(フルバック)

最後尾に位置する守りの砦。

自陣最終ラインで、攻撃時はバックス(BK)を統率し、ディフェンス時は、タックルで相手のトライを死守します。

タックル能力や自陣深くから、ボールを大きく蹴る(陣地獲得)キック能力も求められます。

【ラグビーのルール】初心者にわかりやすい図解で解説!②

試合時間、反則、得点方法

試合時間

試合時間は、合計80分(前半40分、後半40分)で行われます。

主な反則(基本的なもの)

ノックオン:ボールを前に落とす

ボールを上手くつかめず、前に落としてしまうと反則になります。

・スローフォワード:ボールを前に投げる

ボールパスする時、前(前方のプレイヤー)に投げると反則になります。

他にもありますが、まず、これだけ覚えるだけでも十分楽しめます!

得点方法(トライ、キック)

https://rugby.sanix.jp/rugby/

得点方法(トライ)・トライ:5点(インゴールにボールを置く(地面につける)

得点方法(キック)・ゴールキック:2点

(トライの成功で、ゴールキックのチャンスが獲得できる)

 

・ペナルティーキック:3点

(相手の反則でチャンスが獲得できる)

 

・ドロップゴール:3点

(通常のプレイ中に一度ワンバンさせてゴールを狙う)

 

(キックでの得点は、いずれもゴールポスト2本の間をボールが通過すればOK)

おまけ:ラグビーの醍醐味(スクラム、タックル)

スクラム・FW陣(8人vs 8人)が体をぶつけて押し合います。

 

・スクラムの攻防(駆け引き)からトライのチャンスが生まれる

 

・スクラムで相手を押し込み、自陣を挽回したり、トライを狙う。

 

・スクラムからボールを出してバックスがトライを狙う。

このスクラムの攻防から多くのチャンスが生まれます!

 

タックル・ボールを持っている選手にタックルし攻撃を防ぎます。

・大きな選手やスピードに乗った選手を阻止するシーンは圧巻。

・逆にパワーで引きずられるシーンも(それはそれで圧巻)

タックルの成功率で、試合状況が大きく左右されます!

【ラグビーのルール】まとめ

ラグビーには、他のスポーツにはない、迫力とスピード感ある攻防が醍醐味であり魅力の一つです。

ポジションは、興味があるところだけ覚えても良いですし、反則等の細かいところは分からなくても今回紹介したレベルでザックリ把握してもらえば、全然楽しめると思います。

『行っけーーーー!!』『突っ込めーーー!!』

って 観て感じた興奮そのままに、応援しちゃってください!!

楽しむのが一番です!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です