ニュース

【三菱電機】パワハラによる自殺で批判殺到?ブラック企業の評判や実態とは・・

2019年12月7日、三菱電機の男性社員(20代)が今年8月に自殺し、当時の教育担当者(30代男性)が書類送検され注目を集めています。

三菱電機と言えばブラックな企業イメージがありますが、いったいどのような会社なのでしょうか・・。

【三菱電機】パワハラによる自殺で批判殺到?ブラック企業の評判や実態とは・・

この記事の内容

  • 三菱電機、パワハラによる自殺で批判殺到
  • 書類送検の経緯
  • パワハラの可能性
  • ネットの反応
  • 三菱電気、ブラック企業なのか?批判や実態
  • 2018年ブラック企業大賞
  • 会社の評判(社員の意見)
  • 会社の評判(奥様の意見)
  • まとめ

【三菱電機】パワハラによる自殺で批判殺到?

30代男性上司の書類送検の経緯

今年8月に三菱電機の20代の男性新入社員が自殺し、教育係だった上司が自殺をそそのかしたとして書類送検されました。

背景にパワハラがあったとみられます。

三菱電機に今年に入社した20代の男性社員は8月下旬、兵庫県内にある社員寮近くの公園で自殺しているのが見つかりました。

現場には教育係だった30代の男性上司から「死ね」と言われたことや社内の人間関係について書かれたメモが残されていて、警察はこの男性上司を複数回にわたって事情聴取し、先月に自殺教唆の疑いで書類送検しました。

三菱電機で2014年以降、新入社員が自殺したり精神障害を発症したりしたケースは3人目になりますが、今回の件については「捜査中のため、回答は差し控える」としています。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191207-00000020-ann-soci

上司が書類送検に至った経緯(簡略化)

2019年8月〜

  • 20代新入社員の自殺が見つかる
  • 30代上司から『死ね』等と言われていた
  • 人間関係についてメモが残されていた
  • 上司が自殺をそそのかした可能性がある
  • 警察は上司の事情徴収を複数行っていた

2019年11月〜

  • 上司が自殺教唆の疑いで書類送検される

パワハラによる自殺の可能性

20歳の新入社員は、教育係の上司から『死ね』等と言われていたようです。

あまりにも暴力的な発言です。

また人間関係についてのメモが残されていました。

警察が複数回の事情徴収を繰り返した結果、書類送検にまで発展しています。

人は仕事が忙しいだけで死ぬことはほとんどありません。ですが人格を否定されるようなことを言われれば誰でもひどく傷つきます。

なぜそんなことすら三菱電気の上司はわからなかったのか・・。上司であろうが、部下であろうが、人格を否定するような権限なんて絶対にない!

20代の男性社員は、あえて兵庫県内にある社員寮近くの公園で自殺し、メモを残しています。

これはパワハラで自分を自殺に追い込んだ上司と三菱電気に向けたメッセージでしょう。

リンク先:朝日デジタル(公開されたメモ)

ネットで批判の声

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

教育主任に対する教育がなってない、人を育てる力がない人を登用した組織の責任は大きい。

5年で3人って何この会社。自分の命を捨てるほどのイジメって闇が深そう。三菱は銀行は大事だけどこの会社は・・。

働き方改革の本質は業務時間削減なんかより、人間教育だと思うし、職場環境を支配するのは上層部である以上、彼らが最もそれを理解しなければならないはず。

三菱電機丸亀でもパワハラはある。総務はひた隠し。後で言わず、その特にいって欲しかったなどと言う始末。これではなくならない。

マネジメントの名を借りた社内イジメ、犯罪です。立件して、次の犯罪が行われないような抑止力の先例を示してほしいです。

ネットでの批判も相次いでいます。相手のことを全っく思いやれない言葉に悪意を感じます。重罪(犯罪)です。

三菱電機はブラック企業なのか?評判や実態とは・・

三菱電気という会社がどのような会社なのか気になったので、評判や実態について調べてみました。

2018年ブラック企業大賞

大賞:三菱電機株式会社

家電から発電機まで様々な電気製品を製造するメーカー企業。

男性社員5人が長時間労働が原因で精神障害や脳疾患を発症して2014〜17年に相次いで労災認定されていたことが発覚。

5人はシステム開発の技術者か研究職で、そのうち2人は過労自死していた。

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/black-kigyo-2018-2

■「ブラック企業大賞」とは

ブラック企業大賞では、ブラック企業を次の2点で定義しています。

・労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いている企業

・パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)

https://www.msn.com/

ご存知かもしれませんが、三菱電気は2018年12月に開催された『ブラック企業大賞2018』という不名誉な賞を受賞しています。

2014年〜17年の3年間で、5人の労災認定者と2人の過労死が発覚しています。

こうした背景から、どうすれば会社が良くなるのか考え、同じような事が繰り返されないよう努力するのが普通と思います。

しかし今回また同じ過ちが繰り返されているところを見ると、会社の体質はほとんど改善していないのではないでしょうか。

2019年もブラック企業に選出されそうです・・。

そして予想どおりに。

会社の評判(社風)

三菱電機の社風について、実際に努めている社員の評判を調査してみました。

【気になる点】

引用元:カイシャの評判 https://en-hyouban.com/

20代女性:基本的に、朝や帰りなどを含め挨拶の習慣がありません。初日に挨拶をして返ってこなかったのは疑問ですが、そういう社風とのことでみなさん共通だったので理解はできました

30代男性:体質は非常に古い。特に基幹職以上になると、昭和の、営業マンという人が多く、人間関係もドロドロしている

30代男性:考え方が古い人が多い。残業は当たり前、上の人の言うことは絶対、結果よりプロセスが大事。上下関係にしても、部下の指導にしても、モチベーション論というのを一取り勉強した方がいいと思う上級職が多すぎる。

20代男性:コンプライアンス強化に傾倒し過ぎるあまり、一銭にもならない社内資料の作成に終われ、残業時間が増加し担当者は疲弊している。若手の離職が進む一因になるのではないかと危惧

30代女性正社員でなければ基本給が極端に低い。・良くも悪くも大企業なので上司によって仕事のやりやすさが左右される。コミュニケーションがメールメインで会話が乏しい。 

 

【良い点】

引用元:カイシャの評判 https://en-hyouban.com/

30代男性:ある意味昔ながらの日本企業という感じなので人間関係は悪くならないと思う。職場の雰囲気は場所に、より差があると思う。

30代女性:堅実、石橋をたたいて渡らないという風土通り、チャレンジはするけどしっかり見極め、危ない橋は徹底的に調べて補修してからわたるイメージ。

30代男性:昔ながらの年功序列が残っているように思います。一方で、若い人の抜擢も見られるので、過渡期なのかもしれません。

20代男性:保守的。過去の事例を気にする。ボトムアップでは何も変わらずトップダウンであれば即時変わる。自身の職場環境は比較的良い方。

30代女性:有給の取得がしやすい・産休制度などの福利厚生がしっかりしており、女性でも定年まで従事している人が多い

会社の評判(妻から見た三菱電機)

三菱電機で働いている旦那さんを持つ、奥様はどのように思っているのでしょうか。こちらも気になったので調査してみました。

『カンパニー通信』サイトで調査した内容を記載します。

【ブラック企業だと思っている奥様】

引用元・・https://company-tsushin.com/

妻A子さん:何を基準にブラック・ホワイトと決めるかにもよると思いますが、重なる残業や急な他県への出張が多い点から、あまり従業員の身体的・精神的な負担を考えてないのではないかと思ってしまうからです。また、有休を取りにくいという雰囲気は、やはり大手企業としたは問題があるようにも思います。

妻B子さん:ブラック企業大賞を受賞したので、ブラックではあるのだろうと思います。夫のいる部署は比較的問題も少ないですし、夫はストレスは抱えつつもうまく折り合いをつけている方なので大事にはなっていませんが、同僚が裁判を起こしていたり、何人もの人が心を病んで休職しているそうです。

妻A子さん:就業時間が長いこと、深夜業務が発生すること、有給が取りづらいことなどでそう思います。また、昨年のブラック企業大賞にも選ばれていたようなので、私の感覚だけでなくおそらくそうなのだと思います。話を聞くと50代の先輩社員も働き方はそこまで変わりないらしいので、かなりハードな印象です。

 

【ブラック企業だと思わない奥様】

引用元・・https://company-tsushin.com/

妻D子: 世の中に酷い会社は山ほどあります。私が今まで、周りから聞いた話では、残業代が出ないというのもよく聞く話です。そういう意味では良いのかなと思います。主人の会社はブラック企業大賞に選ばれたらしいですがブラックだとは思いません。多少の不満もありますが、社員のことを考えてくれる会社なのではないかと思っています。主人はいつもうちの会社はいいと思うっていうだけに、ホワイト企業大賞になって欲しいと思っています。

妻D子:きちんと残業代を払う、残業を管理する、休みを取れる環境にある、フレックスタイムなど柔軟な働き方ができるなどの点からです。上司とも度々面談が設定され、家庭環境のことなども質問され、配慮してくれているようです。

三菱電気はブラックではなく良い会社である意見もあります。

30代前半でも給料の水準は高く福利厚生も充実。休日出勤等はあるが、大型連休(お正月、GW等)はまとめて連休が取り易く評判は良いようです。

旦那さんに会社を続けてほしいかと言う質問では『大企業という安定感(給与水準、福利厚生、倒産リスク低)があるので続けてほしい』と言う意見も多数あります。

その一方で『過度なストレスをためたり、無理な働きをして体を壊さないようにしてほしい』と心配されている様子も伺えました。

まとめ

三菱電機 パワハラによる自殺で批判殺到?ブラック企業の評判や実態とは・・という内容で記事を書かせて頂きました。

三菱電機は、2018年にブラック企業という不名誉な賞を受賞しています。

2014年以降、自殺や精神障害に至ったケースが3人にのぼり、ホワイト企業とはいい難い状況です。

給与水準や福利厚生等が充実した優良企業である反面、古い体質や考えが根強く残っているように感じました。一刻も早い体質改善・改革に期待します。

まだ若くして亡くなられた社員の気持ちや、遺族の方の気持ちを思うと残念でなりません・・。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。