ニュース

ジョイフルの閉店店舗はどこ?福岡・鹿児島の閉店情報は?

2020年6月8日、ファミリーレストラン『ジョイフル』が直営店の約3割(200店舗)を7月以降閉店すると発表。

7月以降に200店舗を閉店する理由は、新型コロナウイルスの影響により業績が悪化したためと発表されています。

ジョイフルは、西日本を中心に全国に700以上の店舗を構える老舗レストランチェーン。

業績悪化を受けての判断ですが、これまで利用してきたユーザーにとっては、とても残念な知らせですね。

どの店舗が閉店になってしまうのでしょうか・・。

この記事では、

ジョイフルの閉店店舗はどこか?

九州地方を中心に調べてみました。

ジョイフルの閉店店舗はどこ?福岡・鹿児島の閉店情報は?

ジョイフルが200店舗の閉店を発表

2020年6月8日、大手ファミリーレストランの『ジョイフル』が、2020年7月以降、全国にある店舗の約3割(200店舗)を閉店させると発表。

九州の大分県に本社を構えるジョイフルは、1979年に大分に1号店を出店以降、2020年には758の店舗数を構えます。

しかし、新型コロナウイルスの影響で来店客が減り、業績が急激に悪化してしまったようです。

業績悪化に伴い、採算が取れない店舗の閉店を余儀なくされてしまったんですね。

 

ジョイフルの閉店店舗どこ?福岡・鹿児島

ジョイフルは九州を中心に拡大し店舗数を増やしてきているので、九州地方の店舗数が圧倒的に多いんですね。

2020年5月時点では、九州にある『ジョイフル』は389店舗。

このうち閉店する店舗については、6月8日時点ではまだ発表されていません。

発表され次第追記していきますね。

都道府県 店舗数 閉店店舗
1 福岡 118店舗 未定
2 鹿児島 57店舗 未定
3 大分 58店舗 未定
4 熊本 52店舗 未定
5 宮崎 43店舗 未定
6 佐賀 34店舗 未定
7 長崎 27店舗 未定
合計 389店舗

※2020年5月17時点店舗数

 

2020年6月8日時点では、閉店する店舗は発表されていませんが、情報を整理するとある程度、どんな店舗が閉店になるか見えてきそうです。

閉店になりそうな店舗(予測)

  • 九州・四国・中国・沖縄の中山間地や離島等の過疎地にある店舗

ジョイフルは日本・台湾に約700店舗(FC含め774店、傘下のキッチンジロー・フレンドリーなどを含めると882店舗・2020年3月時点)を展開しているが、とくに九州・四国・中国・沖縄では、中山間地や離島などの過疎地域にも多く出店している。

https://toshoken.com/news/

 

  • 九州が最も多くなる見込み(関東や東北も対象)

閉店する店舗数は九州が最も多くなる見込みだが、近年出店を強化してきた関東や東北も対象とする。

引用元:西日本経済新聞

 

  • 収益改善が見込めない店舗

新型コロナウイルスの感染拡大などで外食産業を取り巻く環境が大きく変化することを見据え、収益改善が見込めない店舗を閉店し、財務基盤の強化を図る。

引用元:ライブドアニュース

ジョイフルは、収益の改善が見込めない店舗を閉店し、財務基盤の強化を図る方針を発表されています。

よって、九州地方の中でも、

  • 収益改善の見通しが立ちにくい店舗
  • 離島や過疎地にある店舗

である可能性が高いと思われます。

よく利用される店舗の場所や混雑具合・サービスの状況等を見れば、概ね予測できるかもしれませんね。

ジョイフルの閉店店舗はどこ!(世間の反応)

ジョイフルの200店舗閉店に対し、みんなどのように感じているのでしょう。

SNSで世間の反応を調査してみました。

SNSで世間の反応をみると・・

いつも利用しているファミレスが閉店にならないか心配されている様子が伺えました。

ちょっとした読書や勉強等にも利用しやすいファミレスなだけに、店舗が減ってしまうのはとても残念ですよね。

『まとめ』ジョイフルの閉店店舗はどこ?福岡・鹿児島の閉店情報は?

ジョイフルの閉店店舗について、

6月8日時点では、詳細な店舗が発表されていません。

九州地方が最も店舗数が多いので、対象の店舗も多くなってしまう可能性が高そうです。

その中でも『収益改善の見通しが立ちにくい店舗』『離島や過疎地にある店舗』が対象になる可能性が高いのではないでしょうか。

また情報が入り次第追記していきます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。