ノニト・ドネアの経歴は!?井上尚弥戦での日本の反応は?

クロ

ドネア選手の経歴は?井上選手とあれだけ戦える選手ってどんな選手か気になりました
まとめてみたので紹介します

ウタ

 

2019年11月7日、WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)で決勝で、WBA世界バンタム級王者のノニト・ドネア選手とWBA、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥選手が激突!

最終12ラウンドまでもつれこむ死闘の末、井上選手が見事優勝を果たしました!

しかし、この試合の前評は、井上選手の圧倒的優位が報じられていた試合でもあり、ドネア選手は敗けて強しの印象を強烈に残しました。

いったいドネア選手ってどんな経歴の持ち主なのか、今更ながら気になりませんか?

 

この記事では、

ノニト・ドネアの経歴は!?井上尚弥戦での日本の反応は?

についてまとめてみました。

 

記事で紹介する内容

  • ノニト・ドネアの経歴は!?
  • ノニト・ドネア!井上尚弥戦での日本の反応は?
  • まとめ

ノニト・ドネアの経歴は!?

ドネアの経歴(プロフィール)

名前、生年月日、出身、身長

名前:ノニト・ドネア

生年月日:1982年11月16日(36歳)

出身地:フィリピン

身長:170センチ

ドネア選手は、フィリピン出身の選手で、両親もフィリピン人。

プロデュー前は父であるノニト・ドニア・シニアがドネア選手のトレーナーを努めていたそうです。

ドネア選手は11才の時アメリカに移住し、アマチュア経験を通じて18歳でプロに転向しています。

ドネアのボクシングのきっかけ

少年時代は気弱で病弱だったことで自殺を考えるほどの酷いいじめを周囲から受けており、いじめ対策とボクシングをやっていた兄グレン・ドネアの影響でボクシングを始めた。フィリピン生まれのフィリピン人であるが、11歳の時にフィリピンからアメリカ・カリフォルニア州へ移住しており、アマチュアボクシングの経歴もアメリカ籍で活躍した。軽量級離れしたハードパンチャーであるがKOを狙うあまり手数が少ない待ちのボクシングをすることがありKO率は60%以下でそれほど高く無い。

引用 https://ja.wikipedia.

ドネア選手がボクシングを始めたキッカケは、イジメを克服するためです。

ドネア選手の両親はお互いにフィリピン人で、ドネア選手は4人兄弟の3男として生まれ、11歳の時にアメリカへ渡っています。

当時のドネア選手は喘息持ちで病弱、更に気の弱さも災いして周囲から酷いイジメにあっていたんだそうです。

そんなイジメを克服するために始めたボクシングですが、今や5階級制覇の王者。

当時は病弱でイジメにあっていたなんて、今の強さからはとても考えられない姿ですね!

(ちなみに兄のグレン・ドネアも2度の世界経験があるプロボクサー)

アマチュア時代の経歴

ドネア選手のアマチュア時代の通算成績は、68戦8敗。

16歳の時にジュニアオリンピックで優勝を果たしており、この頃から才能の片鱗をみせていた選手です。

プロの経歴

ドネア選手のプロ通算成績は、45戦40勝(26KO)5敗。

45戦中26KOのハードパンチャー!

  • 5階級制覇のタイトル
    • IBF世界フライ級王者
    • 元WBA世界スーパーフライ級暫定王者
    • 元WBC・WBO世界バンタム級統一王者
    • 元IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者
    • 元WBA世界フェザー級スーパー王者

また、アジア人として初めて主要4団体全てにおいて世界王者となったボクシング界のレジェンド的な存在。

  • ボクシング主要4団体タイトル
    • WBA
    • WBC
    • IBF
    • WBO

ドネアのWBSS決勝後


決勝では井上選手に敗れてしまったドネア選手。しかし家族との約束を果たすために、優勝トロフィーを借りていたんですね。

井上選手の心も温かいですが、ドネア選手も家族思いのホント良いパパである様子が伺えます。

こんな素晴らしい二人の対戦だったからこそ、ファンを歓喜させる最高の試合になったのかも知れませんね!

ノニト・ドネア!井上尚弥戦での日本の反応は?

ドネアの強さに汗

ドネア選手に抱いていた当初の予想を超える強さに、井上選手を応援するファンもドキドキが止まらなかったのではないでしょうか?

9ラウンドでドネア選手の物凄い右が入った時は、もう悲鳴とも取れる歓声がが沸きあがっていました!😱

Twitterの反応もドネア選手の強さに驚きと賞賛の声が上がっていましたよね?

9ラウンドで返しの左フックがまともに入っていたら本当にやばかったかと・・。

私はこれほどあっという間に時間が流れ、ドキドキした試合を見たことがありません・・。

最高の試合!ドネアに称賛・リスペクト!


11ラウンド、井上選手の強烈な左ボディーがドネア選手の脇腹に突き刺さります!たまらずドネア選手がダウン・・。

最終12ラウンドまでもつれ込んだ死闘に、最後はドネア選手に多数の賞賛コメントが寄せられていました!

本当に凄まじい試合でどちらが勝っていてもおかしくない試合でした。

まとめ

ノニト・ドネアの経歴は?井上尚弥戦での日本の反応は?につてまとめてみました。

ドネア選手は、子供の頃から決して強かった訳ではなく、イジメをバネに努力した過去があって今の強さがあると感じました。

試合前は井上選手が圧倒するかと思っていた試合ですが、ドネア選手は本当に物凄い試合を見せてくれました。

試合後も力を出し尽くし称え合っている二人の姿がとても印象的で、称賛の声が鳴り止みませんでした。

敗けて強しの印象を残してくれたドネア選手。ピークを超えて尚感動を与えてくれた姿はとてもかっこよかったです!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です