エンタメ&ニュース

”バイデン大統領”なぜ不正と思われている?不正投票はデマか!?

2020年アメリカの大統領選挙が注目を集めています。

トランプ氏とバイデン氏の争い、一体どちらが大統領になるのか全世界が注目しています。

一時はトランプ氏優位となっていましたが、バイデン氏が急激に票を集め不正があったのではと噂されています。

しかし、なぜ不正と思われているのでしょう。

また不正投票がデマなのか気になるところですね。

この記事の内容
  1. バイデン大統領はなぜ不正と思われている?
  2. バイデン大統領の不正投票はデマ?

”バイデン大統領”なぜ不正と思われている?

投票率が1時間で200%を超え!?

大統領選をトランプ氏と争うバイデン氏ですが、不正と噂されている理由の一つに、『ウィスコンシン州』でバイデン氏の得票率が、わずか”1時間ほどで100%を越えた(200%とも)”という情報が、SNS等で拡散されたことが上げられます。

大統領選の激戦区にあたる『ウィスコンシン州』ですが、この地区の開票作業で

  1. 『突如謎の12万票が追加された』
  2. 『投票率が100%を越えた』
  3. 『怪しいので州兵が集計に参加』

等々・・

こういった内容が日本のSNS・ツイッター等で拡散され、”バイデン氏に不正があったのでは?”と疑われる理由になっているようですね。

バイデン大統領の不正投票はデマ?

しかし、先程の情報は誤り”デマ”だったとも報じられています。

まず、州兵20人が導入された理由について、不在者投票用紙の印刷ミスがあったため、”機械で正しく読み取れる用紙への転機作業”を手伝うためと言われています。

また、短時間でバイデン氏の票が急激に伸びた理由について、”不在者投票の開票”が始まったことで、その結果が短時間で加わったとも報じられています。

「この奇妙なウィスコンシン州の伸びは、ミルウォーキーから、17万人の不在者投票が一度に流れ込んだため、起こったことです。悪意はありません。ただ、数えているだけです」

引用元:https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/milwaukee200

ウィスコンシン州は、民主党支持者が多いとされる州最大都市です。

必然的に不在者投票を利用する民主党支持者が多く、バイデン氏が一気に票を獲得できたのも不思議ではありません。

しかし、不正の事実関係については、依然として様々な憶測が広がっているようです。

バイデン大統領は不正している?不正投票はデマ?ネットの反応

バイデン氏の不正を疑う声

バイデン氏の不正投票は”デマ”との声

まとめ

バイデン氏の不正が疑われている主な理由は、激戦区のウィスコンシン州で、バイデン氏が100%(200%とも)を超える票を一気に集め、日本のSNSで拡散されたことが上げられます。

現在も、不正があるのか無いのか様々な憶測が飛び交っています。

トランプ氏が劣勢にあるようですが、簡単に引き下がりそうもない様相を呈しています。

今後どうなるのか引き続き注目していきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。