エンタメ&ニュース

台風14号2020関東/東京上陸はいつ?電車や飛行機への影響や被害は?

2020年10月に発生した『台風14号』チャンホンは、時速15kmで北北東へ進んでいます。

今後の進路予測は、10/9(金)〜10/10(土)にかけて西日本を通過し、10/10(土)〜10/11(日)にかけて関東から東日本へ上陸する可能性があります。

この記事では、台風14号が関東/東京にいつ上陸するのか、また交通機関への影響や被害状況について紹介しています。

この記事の内容
  1. 台風14号 2020 関東/東京上陸はいつ?
  2. 台風14号の電車や飛行機への影響は?
  3. 台風14号の被害状況は?

台風14号2020関東/東京上陸はいつ?

関東地方(東京)へ最接近するのは10/10日(土)夜が予定されています。

10/9日(金)16:00時点情報を更新しました。

台風14号(チャンホン)は四国沖を北北東に進むと見られており、進路は徐々に東よりに変わる見通しです。

今後の進路は更に東よりになり、陸地から離れたところを通過する見込みで、主要都市である東京や名古屋等への影響は小さい見通しとなっています。

しかし台風14号の進路に近い、紀伊半島や房総半島、伊豆諸島などは引き続き警戒が必要です。

今後も最新の情報にご注意ください。


▶ボタンを押すと、台風の進路と各地域への上陸時刻等が予測できます。

是非ご活用下さい。

台風14号の電車や飛行機への影響や被害は?

鉄道・電車(在来線)への影響予測


台風14号の影響で、今後は太平洋側を中心に雨・風が強まる見通しとなっています。

今後、10日(土)を中心に太平洋側の在来線が一部運転見合わせとなる可能性があります。

  • ○:影響なし
  • △:影響あり
  • ☓:影響大
 10/10(土) 10/11(日)
AM PM AM PM
関東
東北
近畿

JR東日本(千葉県内の路線)

JR東日本千葉支社は、10/10(土)の夕方〜10/11(日)の昼頃にかけて、県内を走る路線で、運休や遅延が生じる可能性があると発表しています。

運転を取りやめる可能性があるのは以下の路線

 

  • 内房線
  • 外房線
  • 総武本線
  • 成田線
  • 鹿島線
  • 東金線
  • 久留里線

 

JR東日本は、最新情報をホームページなどで確認するよう呼びかけています。

🔽 JR東日本千葉支社HP

今後も台風の進路や速度が変わる可能性があるため、最新情報はこまめにご確認ください。

 

新幹線について

10月7日の発表では、10/10日昼頃から東京ー新大阪間で本数を減らしたり、運転を見合わせたりする可能性があると発表されましたが、10月8日の発表では、新幹線には大きな影響がない見込みと訂正されています。

東海道新幹線のきっぷの取扱い(払戻し・変更)について、ご不明な点は『JR東海ホームページトップ』にある「お知らせ」をご確認ください。

🔽 JR東海

 

飛行機への影響予測

  • ○:影響なし
  • △:影響あり
  • ☓:影響大
 10/10(土) 10/11(日)
AM PM AM PM
関東
東海
近畿

台風14号の飛行機への影響について、こちらも10/10日(土)夜〜11(日)朝にかけて影響が出る予測となっています。

既に台風14号の影響で欠航が決定している便があります。

特に、太平洋側の空港を往復する便で、『欠航・遅延』リスクが高まっていますので、こまめに最新情報をご確認ください。

関東・東京の被害状況は?

台風による被害報告は随時更新させて頂きます。

 

参考までに台風14号の基本情報と、風速による被害目安を掲載します。

台風14号の基本情報
  1. 台風の名称:14号(チャンホン)
  2. 強さ:強い
  3. 進行方向:北北東
  4. 速さ:15km/h
  5. 中心気圧:970hPa
  6. 最大風速:中心付近35m/s
  7. 最大瞬間風速:50m/s

台風14号は、少しずつ勢力を弱めながら本州へ接近しますが、強い風と大量の雨は時として甚大な被害をもたらします。

台風の風速と被害目安

  • 平均風速10メートルくらいで樹木が激しく揺れて雨傘が壊されます。
  • 平均風速20メートルくらいは身体を傾けないと立っていられません。
  • 平均風速25メートルくらいで屋根瓦が飛び樹木が折れます。
  • 平均風速30メートルくらいでは電柱が倒れることがあります。
  • 平均風速35メートルくらいは自動車や列車が倒れることがあります。
  • 平均風速50メートルくらいになるとたいていの木造家屋が倒れ、樹木が根こそぎになります。

風の恐ろしさを具体的に感じることができると思います。
(参考:東京大学大学院情報学環・学際情報学府 廣井研究室)

引用元:ライブドアニュース

2018年に大きな被害をもたらした、台風21号のよう威力はありませんが、仮に平均風速20m/s以上ともなると、非常に強い風が吹きます。

何かにつかまらないと立っていられず、飛来物(看板や瓦の落下等)によって怪我をする危険もあるため十分ご注意下さい。

暴風の影響は?

台風14号は四国沖から徐々に勢力を落とす予定ですが、
  • 紀伊半島南部
  • 伊豆半島
  • 伊豆諸島
  • 房総半島

は暴風域に入る可能性が高いと見られています。

台風の進路次第によっては、30m/s以上の暴風に巻き込まれる可能性もあり停電などにもご注意下さい。

 

予測降水量

引用元:ウェザーニュース

10/8(木)21:00〜10/11(日)21:00までに降る予想総雨量について

  • 紀伊半島南部では300ミリを超える地域も
  • 関東や千葉県では200〜300ミリの大雨

となる可能性があると予測されています。

秋雨前線の影響で雨の量が多く、伊豆諸島や八丈島では既に総雨量が400mmを超えています。

台風14号の速度は遅く、時速20km以下で進む予想で強い雨が長く続き、降水量が増える可能性があります。

土砂災害や河川の氾濫にも警戒が必要です。

『まとめ』台風14号2020関東/東京上陸はいつ?電車や飛行機への影響や被害は?

強い台風14号は、強い暴風域を保ちながら北北東へ進んでいます。

関東地方(東京)へ最接近するのは10/10日(土)夜が予定されています。

上陸の可能性はほぼ無くなっていますが、太平洋沿いの在来線や空の便には影響がでており、長雨の影響による被害も心配されます。

最新の台風情報に注意し、大雨への備えを確認しましょう。

最後までご覧頂きありがとうございました。