スポーツ

吉岡詩果のwikiプロフィール!高校/中学/現在のコーチは?

日本女子フィギュアスケート選手として活躍する吉岡詩果(よしおか しいか)さん。

特にジャンプの能力が高い彼女は、日本スケート連盟の強化選手にも名を連なれる実力の持ち主です。

そんな吉岡詩果さんの

  • プロフィールが知りたい!
  • 高校や中学校はどこなの?
  • 現在のコーチは誰?

と気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、吉岡詩果さんのwiki風プロフィールと高校や中学、現在のコーチについて調査した内容を掲載しています。

この記事の内容
  1. 吉岡詩果のwikiプロフィール!
  2. 吉岡詩果の出身高校や中学校は?
  3. 吉岡詩果の現在のコーチは誰?

吉田陽菜のwikiプロフィール!

名前:吉岡詩果(よしおかしいか)

生年月日:2002年10月31日

血液型:A型

身長:159㌢

出身地:東京都

趣味:料理、手芸

吉岡詩果さんは小学生の頃から千葉市美浜区の「アクアリンクちばクラブ」に所属し、高校も千葉市内の高校に在籍されています。

現在も「アクアリンクちば」をホームリンクとして活動されていて、千葉市にとてもゆかりのある選手です。

しかし、吉岡詩果さんの練習拠点でもある「アクアリンクちば」は、2019年9月の台風15号で被災し閉鎖に追い込まれてしまいます。

その後2020年6月に復旧しますが、今度は新型コロナの影響で一般営業時間帯は滑走禁止に・・。

思うように練習が積めない吉岡さんですが、感謝の気持ちや『見た人が元気になる演技を届けたい』等のコメントを残されています。

「自分は恵まれている方で、もっと練習ができない選手もいる。周りに感謝です」

「今年はコロナで自分にとっても高校が休校になり、スケートでも大変な一年だった。見た人が少しでも元気になる演技を届けたい

引用元:東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/74055

練習は他県(大阪や山梨)にも遠征し練習を積まれているようですが、学業との両立は本当に大変と思うので頑張って欲しいですね。

吉岡詩果の主な戦績

吉岡詩果さんは、中学生の頃から全日本ジュニア選手権等に出場し活躍され、2018年には自身初の国際大会「アジアオープントロフィー(Jr)」に出場し4位に入賞。

続く「ISUジュニアグランプリ・オーストリア大会」でも3位という好成績を収めました。

その後、台風被害を乗り越え2019年に全日本ジュニア選手権大会で5位となり、全日本選手権大会(シニア)の出場権を獲得します。

2019年:全日本選手権(シニア)

吉岡詩果さんは、初めて望んだ全日本選手権で自身の持つシーズンベストを更新(170点超)し、シニアデビューで10位という好成績を残しました。

今後を期待させる素晴らしい演技でこの大会で新人賞を受賞しています。

2年連続で全日本選手権(シニア)にも出場予定で、今後の活躍がとても楽しみな選手です。

2020年:インターハイ優勝!

吉岡詩果さんは2020年1月に北海道帯広市で行われたインターハイ(69回全国高等学校スケート競技選手権大会)で優勝を飾ります。

この大会では2位の選手に18点以上の大差をつける圧巻の演技を披露されています。

大会毎に素晴らしい結果を残しているので今後の活躍にも期待がかかります。

年度 大会名 成績
2020年 全国高等学校スケート選手権大会 優勝
2020年 国民体育大会冬季大会(少年) 3位
2020年 チャレンジカップ(ジュニア) 3位
2019年 全日本ジュニア選手権大会 5位
2019年 全日本選手権大会 10位
2018年 ISUジュニアグランプリオーストリア大会 3位
2018年 アジアンオープントロフィ(Jr) 4位
2018年 第38回全国中学校スケート大会 4位
2017年 全日本ジュニア選手権 15位
2017年 東日本ジュニア選手権 2位

 

フィギュアスケートを初めたキッカケは?

吉岡詩果さんがスケートを初めたのは、『小学校1年の冬に家族と一緒に滑り行き楽しかったこと』がキッカケとなっているそうですよ。

この時のスケートリンクが『アクアリンクちば』です。

吉岡さんが練習の拠点としていたのは「アクアリンクちば」(千葉市美浜区)。県内唯一の通年アイススケート場で、小学校2年生の時に家族と一緒に滑りに来たのをきっかけに競技を始めたという。五輪2大会金メダルの羽生結弦さん(ANA)が来場したこともある。

引用元:朝日新聞

https://www.asahi.com/articles/ASMCD41RMMCDUTQP00S.html

又、応援インタビュー動画では、『スケート場の中央でジャンプやスピンをやっている選手を見て、私もやってみたいと思った』とコメントされていました。

初めはよちよち歩き状態だったそうですが、もっと上を目指したくなり、小2の夏に個人で先生について習うようになったとのこと。

父親と母親に関する情報は集まりませんでしたが、『家族と一緒に』とコメントされているので、もしかしたら兄弟がいるのかも知れませんね。

 

ちなみに、憧れの選手は”宮原知子”さんなんだそうですよ!

吉岡詩果さんは、シニア選手として国際大会で活躍したいと行っていたので、4大陸選手権や全日本選手権で優勝し活躍されている宮原さんに憧れているんですね。

吉岡詩果の高校はどこ?


吉岡詩果さんは、千葉県にある植草学園大学附属高校の英語科に在学しています。

学校の偏差値

  • 学科:普通科特進コース(55)
  • 英語科(51)
  • 普通科普通コース(44)

吉岡詩果さんが英語科を選択した理由までは分かりませんでしたが、フィギュアでは海外のコーチが就くこともめずらしくないので、必要なコミュニケーションスキルの一つと感じていたのかもしれませんね。

植草学園大学附属高校のホームページには、吉岡選手が掲載されているので、学校を上げて応援している様子が一目瞭然。

学校全体での応援は吉岡選手もきっと心強いでしょうし、吉岡さんが活躍する姿はきっと他の生徒にも良い影響に与えそうですね。

吉岡詩果の出身中学校は?

吉岡詩果さんの出身中学は、千葉県にある酒々井中学校(しすいちゅうがっこう)です。

この学校は1947年(昭和22年)に設立された公立中学校で、自然に囲まれているのでのびとした環境にあるようです。

学校の口コミを見てると

  • 比較的真面目な生徒が多く
  • いじめあまり聞かない
  • 建物は古い
  • 体育館がとても広い

等のコメントが寄せられていました。

吉岡詩果さんは学校では一体どんな生徒だったのでしょう。

ご本人曰く、走るのは得意らしいのですがボール競技が苦手なんだそうですよ!

ちょっと意外ですね(笑)

吉岡詩果の現在のコーチは?

吉岡詩果さんのコーチは、岩本英嗣(いわもとえいじ)コーチ!

岩本コーチは鳥取県の出身で現在はコーチ兼振り付け師も担当されています。

岩本コーチは6歳のころからスケートを初めた、元フィギュアスケート選手

  • 1998年:トリグラフトロフィー優勝
  • 1999年:全日本選手権(ジュニア)優勝

という経歴の持ち主です。

大学卒業と同時に現役を引退し、2年ほどアメリカでコーチング技術を学んでいたそうです。

吉岡詩果さんが活躍することで、岩本コーチも注目を集めそうですね。

まとめ

日本の女子フィギュアスケート選手として活躍する、吉岡詩果さんについて紹介させて頂きました。

紹介した内容をまとめると

吉岡詩果さんは子供の頃から千葉市にゆかりのある、期待の女子フィギュアスケート選手

  • 高校:植草学園大学附属高校
  • 中学校:酒々井町立酒々井中学校
  • 現在のコーチ:岩本英嗣コーチ

吉岡詩果さんは今後もどんどん成長して、世界のトップフィギュア選手として活躍してほしい逸材です。

シニアへ転向後の吉岡詩果さんの活躍に注目です!

最後までご覧頂きありがとうございました。