ニュース

大村市の大上戸川で5歳児が水難事故!原因や場所は?母親と父親が探していた『長崎県』

7月25日、長崎県大村市の大上戸川(だいじょうごがわ)で5歳の男の子が死亡する残念な事故が発生しています。

全国で相次ぐ水難事故・・。

今回発生した事故原因は一体何だったのでしょう。

この記事の内容

  • 大村市大上戸川で5歳児が水難事故
  • 水難事故の原因は?
  • 世間の反応

大村市の大上戸川で5歳児が水難事故!母親と父親が探していた『長崎県』

25日午後、大村市の大上戸川で5歳の男の子がうつ伏せで浮かんでいるのが見つかり、死亡が確認されました。25日午後3時50分ごろ、大村市杭出津2丁目の大上戸川で5歳の長男がうつ伏せで浮かんでいるのを父親が発見、飛び込んで救助し、付近住民に頼んで119番通報しました。男の子は救急車で病院に搬送されましたが午後4時半ごろ死亡が確認されました。父親は自宅から息子がいなくなっているのに気づき、母親とともに探していたということです。大村署が死因などを調べています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa126a177634d5b014fcb89e89ac698aff0f79cd

いつ:7月25日午後3時50分頃

場所:長崎県大村市杭出津2丁目の大上戸川

事故発生時の状況:長男がうつ伏せで浮かんでいる姿を父親が発見。父親が救助し病院へ搬送されますが、その後死亡が確認されています。

父親も母親も子供がいなくなっていることに気づき心配し探されているところでした。

本当にちょっとした隙だったのではないでしょうか。

大村市の大上戸川で5歳児が水難事故!原因や場所は?


全国各地で相次ぐ水難事故。

今回の事故原因は一体何だったのでしょう・・。

水難事故の原因は大きく2つ

  1. 落水(らくすい)
  2. 沈水(ちんすい)

とがあります。

①は、水に落ちてしまうケースで、例えば岩場等で遊んでいて足を滑らせる。又は、防波堤から落ちる等のケース。

②は、浅瀬で遊んでいるうちに深みにはまり、流され溺れてしまうケースです。

事故が発生した川の地形や状況が定かではありませんが、魚等に興味を引かれ水際を歩いる際に転落。又は少し浅瀬に入り遊んでいた時に深みにはまってしまった・・等が考えられます。

 

場所:長崎県大村市杭出津2丁目の大上戸川

大上戸川で5歳児が水難事故!(世間の反応)

大上戸川で起きた事故の対し、ネットでも様々な意見が寄せられていました。

その一部を紹介します。

溺死のニュース多いですよね…こういったニュースを見ると、なぜ目を離したとか批判も見られるけど、批判よりも自分達も気を付けようと思う事の方が大事なんじゃないかな。お子さんは勿論ですが親御さんの気持ちを考えると…本当に身が引き締まります。怖い。

引用元:ヤフーニュース

私も子どもの頃自宅近くの用水路に三輪車ごと落ちたことがある。たまたまドボンという音を聞いた近所に住む妊婦さんが助けに来てくれたけど、誰も気づかなかったら死んでいたし、もし今回のような大きな川だったら当然死んでいたと思う。5歳の頃なんて目を離すどころか兄と私はご飯の時間以外は放ったらかしで近所で遊びまくってた。だから誰もがこういう事故で命を落とさず大人になったことが当たり前ではないんだなと思う。

引用元:ヤフーニュース

一瞬目を離した隙に。。。というのをよく耳にしますが、まさか、お家にいる時にいなくなるなんて。野外だと子どもから目を離さずに気をつけて見ていますが、お家の中だと少なからず目を離してしまう時があります。トイレなど。なので決して、他人事ではないと思いました。お家の近くに川があるのも怖いですね。本当に親御さんの気持ちを考えると胸が張り裂けそうです。

引用元:ヤフーニュース

私がつわりで寝てばかりいた時、2歳の上の子が時間を持て余し、土砂降りの雨の中そっと一人で出て行った事があります。私がいない事に気付いてパニックになりかけた時、びしょ濡れで帰ってきました。一人で近所の公園へ行き、少しだけ遊具で遊んできたようでした。
この5歳のお子さんも少し遊んでおうちに帰るつもりだったのではないかと思うと胸が痛みます。

引用元:ヤフーニュース

『まとめ』大村市の大上戸川で5歳児が水難事故!原因や場所は?母親と父親が探していた『長崎県』

全国で相次ぐ水難事故・・。

私自身、幼少期に親に黙って近くの川に遊びに行った数は数えきれません。

事故にあった男の子も、好奇心だけで家を出ていってしまった可能生があります。

親が四六時中目を離すなというのも無理があり、今回のような事故を防ぐのは難しかったように感じます。

子供を発見した時のご両親の気持ちを考えると本当に胸が締め付けられます。

掛ける言葉が見つかりませんが、批判のない優しい世の中になって欲しいと感じます。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。