エンタメ&ニュース

定額給付金の2回目の支給はいつ?可能性はある?金額5万円に前向き!

2020年10月14日〜15日にかけて『定額給付金』2回目の支給の話が急浮上しています。

10月14日に自民党の長島昭久議員から、緊急経済対策の要望書(国民一律5万円支給等)が菅総理に手渡されると、総理は『そういう方向で頑張る』と前向きなコメントを残されています。

不況に喘ぐ日本ですが、定額給付金の2回目が本当にあるのか気になるところですよね。

この記事では、定額給付金の2回目の給付はいつで、可能性があるのかについてまとめて見ました。

この記事の内容
  1. 定額給付金の2回目の支給はいつ?
  2. 定額給付金の2回目の可能性は?

定額給付金の2回目の支給はいつ?可能性はある?金額5万円に前向き!

2020年10月14日、自民党の衆議院議員である長嶋昭久氏が、菅総理に対し『さらなる経済対策』を求める要望書を提出されています。

主な要望書の内容

  1. 国民一人あたり5万円の定額給付金の追加支給
  2. GoToキャンペーンの延長・拡充
  3. 2020年度内の第3次補正予算案の編成

長島昭久氏は、もう1回消費を取り戻したい意向を菅総理に示し、定額給付金である国民一律5万円等を盛り込んだを要望書を提出。

その規模は『約40兆円規模』の追加経済対策となります。

実現した場合、特に『定額給付金5万円の追加支給』について、いつ支給されるのか気になるところです。

定額給付金の2回目の支給はいつ?

確定はされていませんが、早ければ年内中に給付される可能性も!?

経済対策の要望書を提出した、長島昭久議員は取材に対し、以下のようにコメントされています。

これについて、要望書を提出した長島昭久議員に話を聞いた。自民党 長島昭久衆院議員「遅くとも年度内に5万円給付、まずひとつ必要じゃないかと。プラス10万円で15万円じゃないかという議論が、かなり盛り上がっていますが、われわれ、そこは金額は特定していません」

FNN:プライムオンライン

定額給付金の金額は確定されていないようですが、『遅くとも年内に5万円給付が、まず必要じゃないかと』とコメントされおり、年内の第3次補正予算案の成立を目指し、働きかけている様子が伺えます。

また、長島昭久氏から要望書を受け取った菅首相もそういう方向で頑張る』とコメントされており、前向きなコメントを残されています。

よって、第3次補正予算案の年内成立を目指し、スムーズに事が進めば年内中の定額給付金支給も可能性としてはゼロではないと予測します。

定額給付金 2回目の可能性は?

定額給付金の支給は状況を鑑みて最終判断か。

過去の事例から可能性はあるのか!?

定額給付金の2回目が支給される為には補正予算案の成立が必要ですが、過去の事例を調査すると、必要に応じて補正予算の編成が行われています。

年度 成立日
リーマンショック時 平成20年度 2008-10-16 1次補正予算
2009-01-27 2次補正予算
平成21年度 2009-03-27 当初予算
2009-05-29 1次補正予算
東日本大震災

平成23年度 2011-05-02 1次補正予算
2011-07-25 2次補正予算
2011-11-21 3次補正予算
平成24年度 2012-02-08 4次補正予算
コロナウイルス感染拡大 令和2年度 2020-04-30 1次補正予算
2020-06-12 2次補正予算

出典:マネジメントオフィス今村

平成23年の東日本大震災時には、年内に3度(合計4度)に渡る補正予算編成がなされており、必要に応じて予算編成が行われていることが分かります。

こうした事例から見ると3次補正予算案の成立は、可能性としてはゼロではなさそうですね。

現金給付とならない可能性も?

1回目の定額給付金10万円の支給は、今年6月頃からスタートしていますが、この使い道の上位(2位)に貯金があります。

  • 1位:生活費の補てん 53.7%
  • 2位:貯蓄 26.1%
  • 3位:国内旅行 10.1%
  • 4位:家電
  • 5位:マスクなどの衛生用品
  • 6位:外食
  • 7位:子供の教育
  • 8位:ファッション
  • 9位:家具・インテリア
  • 10位:医療/投資 医療、投資、子どもの教育等

 

定額給付金は、日本における新型コロナウイルスの経済的影響への緊急経済対策の一施策と実施されていますが、政府の思惑としては貯金に回さず、経済回復に繋がる使い道をして欲しかった考えていたでしょう。

しかし、貯蓄に回されてしまう現状も踏まえ、2回目は『現金給付はしない』判断になることも想定されます。

財源の問題もあり簡単ではない?

自民党からの経済対策を求める要望書に対し、菅総理は前向きなコメントを残されていますが、加藤官房長官や公明党議員はその後の会見で以下のようにコメントされています。

加藤官房長官

「様々な方のご意見、こういったご意見にも耳を傾けていきたい。今の段階で具体的に何をというわけではありません」

引用元:ヤフーニュース

公明党議員

「そもそも財源の問題。5万円一律でやったら6兆円かかる。簡単じゃない」

引用元:ヤフーニュース

要望書が提出され、菅総理からは前向きなコメントがあるものの、財源の問題含め具体的な検討はこれからといったところでしょうか。

財務相は否定的な考え

10月16日、麻生財務相は記者会見の場で、2回目の国民一律給付金支給に対し否定的な考えを示しています。

「特別定額給付金は緊急事態宣言が全国に拡大したことを踏まえて行った。宣言が解除されている現在とは状況が異なる」

引用元:KYODO

麻生氏は予備費の活用・雇用維持・事業継続等、生活の下支をやってきたことを強調され、以前とは状況が異なるとコメントされています。

総理からの前向き発言はあるののの、財務相は否定的な見解を示しています。

『まとめ』定額給付金の2回目の支給はいつ?可能性はある?金額5万円に前向き!

定額給付金の2回の支給時期と、可能性について記事を書かせて頂きました。

給付金の支給について、追加経済対策の要望書が提出されたばかりではありますが、菅総理は前向きなコメントを残されています。

財務省は否定的な考えのようですが、3次補正予算の早期成立が現実となれば、早ければ年内に支給される可能性もゼロではないと推測します。

ただ金額や支給方法については、景気動向を鑑みながら議論が重ねられ判断が下されるのではないでしょうか。

財源等の問題もありますが、新内閣の前向きな姿勢に期待したい所ですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。