ニュース

山梨県18歳!犯人の名前・顔画像!SNSで小学生と知り合い接触か

山梨県の18歳少年がSNSで知り合った小学生とわいせつな行為をして逮捕されました。

逮捕されたのは、山梨県市川三郷町に住む18歳の男子大学生。

この少年は容疑を認めており、警察は引き続き余罪について調査を進めています。

この記事の内容

  • 山梨県18歳がSNSを通じて小学生と接触
  • 犯人の名前・顔画像
  • 世間の反応

山梨県18歳がSNSで小学生と知り合い接触

山梨県内に住む18歳の少年が神奈川県の娯楽施設でSNSで知り合った児童にわいせつな行為をしたとして逮捕されました。強制性交の疑いで逮捕されたのは、山梨県市川三郷町に住む18歳の男子大学生です。
警察によりますと少年は当時高校生だった去年12月、神奈川県茅ケ崎市にある娯楽施設の個室でSNSで知り合った県外の小学生の児童にわいせつな行為をした疑いが持たれています。

引用元:ヤフーニュース

逮捕された18歳の少年は、山梨県市川美郷町に住む男子大学生。

報道によると、昨年12月に神奈川県茅ヶ崎市の娯楽施設で小学生にわいせつな行為をした疑いが持たれていました。

その後、被害者の親からの告発で警察が調査を進め、少年は容疑を認めています。

容疑者は小学生とSNSを通じて知り合っていたようですが、こうした事件は後を絶ちません。

18歳少年の犯人の名前・顔画像!

容疑者の名前や顔については公開されていません。

悪質な刑事事件の場合、名前が公開される可能性が高いですが、18歳の場合はどうなのか・・。

未成年(20歳未満)の場合は、少年法61条によって規制されており、一部の重大事件を除き、実名報道がされないケースがほとんどのようです。

未成年が起こした少年事件は実名報道されないケースがほとんどです。当該事件の加害者が特定されるような記事は、少年法61条によって規制されているからです。もっとも一部の重大事件では、報道機関の判断で名前が公表される場合もあります。

引用元:弁護士刑事事件.com

よって、今回のケースでは名前や顔が公表される可能性は低いと思われます。

男性
男性

名前:未公開

顔:未公開

住所:山梨県市川三郷町

職業:大学生

参考:令和4年4月1日からは未成年の年齢が18歳に引き下げられる為、犯罪者が実名報道される可能性は高くなると思われます。

山梨県18歳がSNSで小学生と接触(世間の反応)

児童が、SNSで知り合って…って、親もしっかり管理し使い方も教えないといけないでしょうね。こういう、事例も危険もあることを知らせていないと、また同様な事件がおきてしまう。もっとも、知り合って誘ってくる方が問題があり悪いです。厳罰で対処していかないとだめですね。未成年だから氏名も公表されませんが、やったことは重罪です。

引用元:ヤフーニュース

小学生が普通にSNS使う時代だからな。親がしっかり管理することが大事。あと、加害者の実名報道大事。犯罪は人生を終わらすとしっかり世に知らさなければ抑止力にならん。人権なんて言ってる場合じゃない。

引用元:ヤフーニュース

SNSの運営も書き込み内容確認して規制したり注意喚起をサイトの中でしないとつまでも無くなりませんね。

引用元:ヤフーニュース

『まとめ』山梨県18歳!犯人の名前・顔画像!SNSで小学生と知り合い接触か

SNSを利用した事件が多発していますが、その背景にはスマホ(SNS)の利用率増加があります。

ご存知の通り小学生でもスマホでSNSを使うのが当たり前になっているんですね。

スマホを持っている小学生の約3割は、SNSを通じて知らない人とやり取りをしたことがあるという。

https://resemom.jp/article/2020/04/07/55691.html

SNSを運営する側の対応(規制強化等)も望まれますが、事件が後を絶たないのは、スマホを持たせる親にも責任があると感じます。

被害にあった子供や家族はもちろんですが、加害者の将来や家族への影響も計り知れません。

親が知らないだけで、どちらにもなり得る可能性があると感じます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。