ニュース

新型フィットが『ダサい』だと?実は『かわいい』柴犬がコンセプト!【4代目FIT】

2019年10月23日「第46回 東京モーターショー 2019」が開幕し、ホンダの主力車種である、4代目 『新型フィット』が公開されました。

今回の新型フィットは『心地よさ』をテーマに大幅な改良が行なわれているとのことです!

しかし、評判はというと・・。

Twitterでのコメントを見る限り「ダサい」という評判もあり、あまり前評は良くないようなんですね・・。

その一方で「かわいい」というコメントもあります。

好みの問題もあると思いますが新型で『ダサい』と聞くと気になりますよね?

この記事では

新型フィットが『ダサい』だと?実は『かわいい』柴犬がコンセプト!【4代目】

というテーマで記事を紹介していきます。

新型フィット【4代目FIT】

新型フィットのデザイン

田中氏

デザインもそういう意味ではあまり尖ったものではなく、お客さまの日常生活をしっかりと支えるクルマにしたかったので、日常で親しみのわくパートナーになれるような、フロントフェイスも動物の顔のようなイメージでありながら、シンプルでクリーンなデザインを採用しました。

https://car.watch.impress.co.jp/

新型フィットのデザインコンセプトは、日常で親しみの沸く動物の顔のようなイメージで造られたとのこと。

たしかに全体的に尖ったところがなく、落ち着いたイメージに仕上がっていますね。

新型フィットの特徴

新型フィットは、歴代のコンセプトを踏襲しています。

広い室内空間

使い勝っての良さ

グローバルで通用するコンパクトカー

また新たに『3つの心地よさ』を追求し開発された車です

①心地よい視界

  • フロントピラーに新しい断面構造採用
  • 優れた安全性と視認性を実現

②座り心地

  • 新設計『ボディスタビラジングシート』の採用
  • 座り心地とホールド性を両立
  • 長距離ドライブでも疲れにくいシート
  • 従来同等のシートアレンジ可能
  • 大人がストレスなく座れる広さ確保
  • 上級セダン並みの座り心地を実現

③乗り心地

  • 2モーターハイブリットの採用
  • 1.5L+2モーター(1.3Lガソリンエンジン)
  • よりスムーズで力強い加速と心地よい走りの実現

今回で4代目となる新型フィットには、幅広いユーザーのニーズに対応するため5つタイプが用意されました。

  1. BASIC(ベーシック)
  2. HOME(ホーム)
  3. NESS(ネス)
  4. LUXE(リュクス)
  5. CROSSTAR(クロスター)SUVタイプ

その他、性能面の詳細等については、今後明らかになっていくとのことでした。

もちろん新型ですから、先代のフィットやライバルを超えた性能に生まれ変わってくるでしょう!

デザインについては、ほぼこのまま発売されるようです。

発売は2020年2月14日予定!

新型フィットが『ダサい』だと?

期待されている新型フィットですが、車のデザインについては『ダサい』とSNS上で噂になっているんです・・。

先代と比べると見た目が悪いってことですよね?

鬼ダサいとは・・💧

こちらも先代と比べると見た目が悪いってことですよね?

絶望的ではなさそうです💧

具体的にどこか分かりませんが・・

こちらも先代と比べて見た目が悪いということでしょう・・。

開発初期はかっこよくて、上司から色々言われて・・

どんどん変わっていってしまった・・。

実際そんなことあるんでしょうか💧

『ダサい』と感じても時間が立つと愛着が湧くデザインなの??

『ダサい』とコメントされている方の多くは、先代のフィットと比べて見た目が・・

『ダサい』と感じている様です。

新型フィットのコンセプトは、日常で親しみの沸くパートナーをイメージして造られたようですが、第一印象で『ダサい』と感じさせてしまったのは残念ですね。

『時間が立つと可愛く思えてきた』とコメントされている方もいました。

ホンダはこれが狙いだったの?(笑)

新型フィットは『かわいい』柴犬がコンセプト!

こちらは、新型フィットを『かわいい』と評価されている方々です。

めちゃ優しい顔になった気がすると・・。

先代がむしろイカツイ感じと感じていたのかもしれませんね。


新型はかわいいと!先代の方がむしろ苦手な方もいますね・・。

デザインが全体的に丸めなところが良いのかも知れませんね。

『新型かわいいやん!』との評価がありますね。

新型、落ち着いたデザインで『かわいい』と!

新型フィット『わんこみたい、かわいい〜』の評価!

『かわいい』と感じている方は、『やさしい』『まるっこい』『落ち着いてる』『わんこみたい』こんな風に感じている様ですね。

実は新型フイットの裏コンセプトは『柴犬』だったようです。

以下にコンセプトを掲載します。🔽

白氏:グランドコンセプトは心地よい体験価値を提供したいということです。

そして、エクステリアとしてのコンセプトは、実用で最も心地よいパートナーを作りたいというのが考え方。これでスタートしました。

一方、裏で考えていたのは、フィットは海外で日本を代表するコンパクトカーだと捉えられています。

そこで、今回のコンセプトを重ね合わせると、日本を代表する一番心地よい存在は何かということです。

そこで悩んだ結果、ぱっと思いついたのが“柴犬”だったのです。そこでこの柴犬という存在をもとに、心地よいパートナーを作りたいというのが裏コンセプトでした。

https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/tokyo2019/1215147.html

新型フィットは日本を代表する心地よい存在を柴犬と設定して、心地よいパートナーを作りたいというコンセプトから新型フィットは造られていたんですね。

ほとんどの方が開発側の思いやコンセプトは知らなかったと思いますが、コンセプトが分かると見る目も変わるかも知れませんね?

新型フィットが『ダサい』だと?実は『かわいい』柴犬がコンセプト!【まとめ】

新型フィットの『ダサイ』と噂されるデザインについて、記事を紹介させて頂きました。

新型フィット『ダサい』派

『ダサい』とコメントされている方は、先代のフィットに比べて『ダサい』と感じているようでした。

ホンダは『心地よい』をテーマに新型フィットを造り上げてきたと思います。

『ダサい』と思われても良いコンセプトだったのでしょうか・・。

新型フィット『かわいい』派

『かわいい』と感じている方は、

  • やさしい
  • まるっこい
  • 落ち着いてる
  • わんこみたい

と感じていました。

こちらはホンダの狙い通りだったかも知れませんね!

新型フィットに対する感想は『ダサい』『かわいい』が半々くらいと感じました。

万人に好かれるクルマづくりは難しいと思いますが、世界のホンダですから批判的な意見も前向きに捉え、更に良いデザインを追求して行くと思います。

ちなみに私個人の第一印象は『SUVタイプはイマイチ』です!

他のタイプは『丸くてシンプル』で良いかと思います!

裏コンセプトを知ってしまたので、徐々に見る目が変わるかも知れません(笑)

あと、どうせなら柴犬を裏コンセプトにせず、全面に押し出して良かったんじゃないかと思いました。

『かわいい』『やさしい』『人懐っこい』みたいな感じは、きっと共感を得ると思います!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

新型フィット発売は2020年2月14予定とのことです!

2020年2月14日 発売
フィット:155万7600円~253万6600円
フィット 助手席回転シート車:171万7100円~235万5100円

4代目となる新型「フィット」