ニュース

横浜市公園でカッターの刃が散乱!犯人は誰で目撃情報や場所の特定は?

5月5日、横浜市金沢区の公園内で『カッターの刃が散乱している』との報道がありました。

散乱していた刃の一部は砂場に埋まった状態で発見されています。

『悪質なイタズラである可能性が高い』と見られて調査が進められています。

この記事では

犯人や目撃情報、公園の場所

について調べてみました。

横浜市公園でカッターの刃が散乱!犯人は誰で目撃情報は?

カッターの刃を置いた犯人は誰?

現時点では、犯人の特定には至っていないようです。

確認できている情報

  • 場所:横浜金沢区並木1丁目の公園
  • 刃の散乱場所:砂場やその周辺(約20本以上)
  • 発見者:子供と公園に訪れた父親(40代)
  • ケガ人:0人

子供と公園を訪れた父親が、子供がいつの間にか手にしていたカッターの替え刃に気づき、交番へ届け出ています。

この公園では、10人以上の小中学生が遊んでいたようですが、幸いにも怪我人は出ていません。

公園に替え刃を置いたのは、自粛せずに公園で遊ぶ人達へ向けたメッセージと思われます。

  • 公園で遊ぶな
  • 自粛しろ

こうした感情から行動に及んだ可能性が高そうです。

しかし、刃が砂の中に埋められていたという事実から見ても悪意を感じる行動です。

怒りやストレスをぶつける手段としては、やり過ぎと感じます。

公園で遊ぶのは小さな子供たちです。

子供たちに怪我をさせたかったのでしょうか。

腹立たしい行動ですね。

目撃情報は?

調べた限り有力な情報は得られていません。

公園に設置されている防犯カメラ等で分からないものでしょうか?

防犯カメラはないのだろうか?先日のニュースで、滑り台にカッターを目立たぬように刃をたてた事件が報道された。役所の回答は『誠に遺憾。カメラ設置を検討する』だった。設置されてないことに驚いた

引用元:ヤフコメ

ネットの情報では『防犯カメラは設置されていない』との情報がありました。

となると誰の仕業なのか、特定が難しいかもしれません。

 

神奈川県の一部の公園(平塚市にある公園)には、防犯カメラが設置されています。

プライバシー保護等の問題もあるようですが、既に横浜市はガイドラインも定めているようなので、この機会に検討が進むのではないでしょうか。

  防犯カメラの写真

引用元:平塚市ホームページ

カッターの刃が散乱していた公園の場所は?

公園の場所は、横浜金沢区並木1丁目の公園と報道されていますが、明確な場所は公開されていません。

並木一丁目の公園は複数あり特定が難しいですが、対象となっている公園の写真(一部)は公開されています。

この外観から特定することができそうですね。

砂場にはビニールシートがかけられ、近づくことはないと思いますが、周辺の公園で遊ぶ際には注意が必要ですね。

 

参考までに並木1丁目住所にあたる公園(10箇所)を添付します。

①並木十天公園(木の公園)

②ロケット公園

③宮ノ前公園

④潮通り公園

⑤三角公園

⑥カゼ公園

⑦マルバツ公園

⑧二街区公園

⑨牡蠣根公園

⑩金沢公園

※この他にも対象の公園があるかもしれません。

※掲載が違っていた場合ご了承下さい

横浜市公園でカッターの刃が散乱!ネットの反応

『まとめ』横浜市公園でカッターの刃が散乱!誰で目撃情報は?場所はどこ?

一度こうした事件が起きると、類似事件が発生する傾向にあります。

コロナの影響でどこか攻撃的になっているので、今後も類似事件が起きないか心配されます。

特に子供を連れて外出する際には、こうした嫌がらせに巻き込まれないように注意が必要と感じます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。