片付けブログ 40代から人生をより良くするために!片付けで得られる時間とお金を増やす!

クロ

片付けが苦手なんです、特にモノが多すぎて困ってます💧何かいい方法を(_ _;)
本当に大切なモノ、必要なモノを選択するだけでいい

ウタ

 

この記事は、「とにかく片付けるのが苦手!」「片づけによって、人生をより良くしたい!」「時間とお金を増やしたい!」

そんな方に向けた記事になります。

 

そもそも、皆さんは 片付けとは何のためにやるのでしょう?

 

クローゼットの中は服がぎっしり・・

あの服何処だっけ?う〜んと・・

高かったのに一度も着てない洋服が・・

同じような服をまた買う・・

何がどこにあるかわからない・・

 

過去の自分も、似合わない服を買ってしまい、一度も着ることなく手放したことが何度もありました。部屋を片付けるたびに、その時はめっちゃ凹むんですよね💧

「またやっちまったぁ・・」って(_ _;)

 

モノが多く散らかった部屋では、こうした時間とお金のロスが多く生まれます。

もし、こうした時間やお金のロスがなくなったらどうでしょう?もっと大切なことに時間とお金を使うことができますよね!

私自身が考える、片付けの目的は、片付けによって得られる時間とお金を使い、人生をより良くすること!このように考えています。

 

少し言い換えると、人生をより良くするためには、片付けで得られる時間とお金を増やす!とも言えます。

モノが多く、散らかっていることでロスしていた時間とお金を、自分が本当にやりたいことに使うことが出来れば、ずっと目的に近づきやすくなりますよね!

 

この記事で分かること

・片付けが上手く行かない原因
(モノが捨てられない原因)

・片付けによって得られる、時間とお金を増やす方法

 

是非この記事を読んで、人生が豊かになるお手伝いができれば幸いです。

 

片付けが上手くできない原因(モノが捨てられない) について

①もったいない心理の働き

人はなぜ、モノは増やせても捨てることができないのでしょう?

人は所有しているモノに対してある心理が働きます。これにより、一度所有してしまうと、なかなかモノを捨てることができなくなります。

 

①もったいない心理(損失回避 と 授かり効果という心理)

モノを手に取って、いざ捨てよう!と思っても意外と捨てられないですよね?

モノを買う時に一度お金が発生しているので、モノを捨てる際に『もったいない』とか『損をする』という心理が働いてしまうようです。

『もしかしたらまた使うかも!』って考えて、収納BOXとか納戸の奥に一度入れてしまうと、まず3 年は余裕で眠ってますよね、ホコリかぶって。。

そして、『そのいつかは来ない』💧

又、人は一度所有したものに、高い価値を感じてしまいます。

人は自分が所持しているもは、なぜか高い価値があると信じています。価値があると思っているので、いつまでもそれを所有する意識がはたらき更にモノが捨てられなくなります。

自分が持っているモノの価値を調べる手段として、例えば、今気に入っているモノ、高く売れると思っているモノを質屋、中古ショップ、ヤフオク、メルカリ等に出品してみると分かります。

ほとんどの場合、自分が思っている金額以下の価値しかないことに(_ _;)

 

②モノが多いと判断ができない

・人は選択肢が多いと瞬時に最適なものを判断できません。みなさんは、何かを選ぶ時、即断、即決ができますが?

選択肢が多すぎる場合、ほぼ例外なく即断、即決できないものです。その結果、ムダな時間を費やし、捨ててよいモノ、残すモノの判断も迷わせます。

人はモノごとを決断する時、迷わず即決できるのはどの程度か?例えば、10個あるケーキから、1つだけ好きなものを選択して食べてよいと言われたらどうでしょう?

迷いませんか?

人間の認知能力には限界があって、一般の人が頭の中できちんと認識して、きちんと比較できる選択数というのは、せいぜい3つが限度なんだそうです。

例えば、レストランにならぶコースメニューでは、お客様が選びやすい3パターン「Aコース、Bコース、Cコース」等のコースが定番です。

多すぎず、少なすぎない、3択なら時間をかけて悩んだりしませんよね?

心理学的にも多すぎる選択肢は、嬉しい部分がある反面、選択を困難にさせ、即決しにくくなることが分かっています。

もし信号機の色が「4つあったら」なんて想像してみると・・。即座に認識して、適切な判断・行動がとれるでしょうか?

きっと事故増えますよね?💧

 

人の心理的な面からみても、モノが多すぎると判断がしにくくなります。

 

モノを3つ以下にすると迷わず即決しやすくなるので、3つ以下の中から一つを選べる環境にもっていくのが理想になります。

例えば、今日は何のYシャツを着ていこうかなぁ・・

「今日は外食もするし、丁度よさそうなシャツって、あれどこにしまったけ?」

なんて、探し回ることのないよう、お気に入りのシャツ3つだけ所持しあとは思い切って処分したら、ほぼ迷いがなくなります。

洋服は、その人のライフスタイル(仕事の内容等)によって最適な量が異なりますし、四季もあるので、3つだけというのは現実的でないかもしれません。

 

但し、モノが多いということは、より捨てにくくなる状況をエスカレートさせ、更に、もったいない心理の働きにより、どんどん捨てにくい状況になっていくことを認識しましょう!

 

例えば洋服の場合

・お気に入りの服
・使用頻度の高い服
・オールシーズン使える服

を中心に厳選すればかなりの数が減らせるはずです!

 

片付けで得られる時間とお金を増やす

モノが捨てやすくなる2つの判断基準

モノが捨てられなくなる状況を回避するには、まずモノを減らす必要があります。ここでモノを減らす(捨てる)オススメの方法を紹介します。

それは、有名片付けコンサルタントの『こんまりさん』こと近藤麻理恵さん

作家やビジネスアドバイザー等として幅広く活躍されている、メンタリストの『DaiGo』 さん

この二人が推奨する代表的な判断基準をもとに『モノを捨てる、捨てないの』判断をするのがオススメです。

 

こんまりさんの判断基準は・・『ときめくものは残し、ときめかないものを捨てる』

DaiGoさんの判断基準は・・『いったん捨てたとしたら、これを買い戻すか?』(買い直し思考)

 

捨てるかどうか迷った時に、この2つの判断基準をもとに判断すると、モノが捨てやすくなります!

 

『ときめきもなく、いったん捨てたら買い戻さない』これに当てはまるモノは、思い切って捨てます!それでも迷ったら、それは基本的に不要なモノです。

何故なら、皆さんが普段からiPhone を愛用していたとしてこれを捨てますか?と問われたら絶対捨てないですよね?

パスポートとかも普段は手に取って使いませんが、絶対必要なモノって瞬時に判断できます。

人は絶対に必要なモノは、瞬時に判断できるんです。迷うということは、絶対に必要とは思っていないので、もし迷ったら基本的には不要なモノと考えて下さい。

モノを捨てる事が目的ではありませんが、本当に必要なことに大切な時間とお金がかけられるよう、おもいきって手放してみましょう!

不要なモノは捨てる! 本当に必要な大切モノだけ残す!

モノが減り、大切なモノだけ残ると、部屋にスペースが生まれ圧倒的にモノが探しやすくなります。その結果、迷いなく、必要なモノはすぐ手に取ることができます。(時間のロスが生まれにくい)

又、どこに何がどのくらいあるのかも、視覚的にわかりやすいので『同じ機能のモノをまた買ってしまった!』とか『セール品でつい買ってしまった!』ということも無くなってきます。

そもそも、大切なモノを選んで捨てることを実践していると、必然的に不要なモノを買わなくなります。(買いに行く時間や、お金のロスが生まれにくい)

 

所持していると時間がかかるものを減らす

例えば 衣類がそれにあたると思います。

衣類は季節の変わり目で衣替えが必要になり、その都度それだけのために時間を費やす事になります。

また、衣類を保管する衣装ケースが増えれば、必要なものが見つかりにくくなるので、これも望ましい状態ではありません。

 

マイホームをお持ちの方であれば、意外と庭木の手入れ等にも時間がかかっているのではないでしょうか?

雑草が増えたり、木が成長すれば、当然手入れが必要になりますし、芝がのびれば芝刈りが必要になります。

その管理自体が憂鬱に思えていて、自分が本当にやりたいことを、もし犠牲にしているのであれば、極力減らしていくことをオススメします。

所持しているとお金がかかるものを減らす

所持している事で、お金がかかるもの上位3つ上げてみました。

・マイホーム

・マイカー

・年金、保険料、教育等

 

例えば、多くの人が所持している車の所持費について、年間でどのくらいの費用がかかっているかご存知でしょうか?

税金、保険料、車検費用、駐車場、ガソリン等・・軽自動車でさえ、約38万円/年間と、とても多くの費用がかかります。都内勤務の方で、週末しか車に乗らない方であれば、思い切ってカーシェアリング等を検討してみては如何でしょうか?

引用元  JA共済  nedan.ja-kyosai

 

お金がかかるもの上位3つは、基本固定費になります。この固定費というのはご存知の通り、一度、見直して下げる事ができると永続的に費用が削減できとてもメリットが大きいです。

本気で見直したら、必ずといっていいほどムダなものが見えてくるので、最優先で実施してみることをオススメします。

 

我が家も一度全力でやりましたが、ホント勿体ないことにお金をかけてる事が良く分かりました💧

例えば 新聞とか、やめてみると良く分かりますが『 部屋もスッキリ、捨てる手間なし、年間で約3万6000円 の節約』、奥さんも「もっと早くやめれば良かったね」

って言ってました(笑)

今はネットもあるので、見直してみるのもオススメです。

固定電話も光電話にしたら『年間で約18,000円の節約』他にも、お得なキャッシュバックのキャンペーンを使って、携帯代やネット代等の固定費も減らしてきました。

本気でやれば、簡単に節約できるし、メリットしかないので 是非 一度見直してみては如何でしょう!

まとめ

 

片付けが上手く行かない(モノが捨てられない)原因

モノが多い状況では、捨てる判断を鈍らせ状況をエスカレートさせる。更に、もったいない心理の働きにより、どんどん捨てにくい状況になっていく!

これを回避するためには、まずモノを減らすことが重要。

 

片付けで得られる時間とお金を増やす

2つの判断基準を使って、本当に必要なモノだけを残す

『ときめきを感じるか?』『手放してもまた買い戻すか?』それでも迷ったら基本は不要なものと考える

 

・所持していると時間やお金がかかるものを減らす

衣類や庭木等、メンテナンスに時間がかかるものは極力減らす。又、メリッとが大きい固定費を見直す。

当然、ものを買う時の判断基準としても使えるので、是非活用して頂ければ幸いです!(所持していると時間やお金がかかるものは極力買わない)

片付けによって得られた時間とお金は、是非 人生をより良くするために使い、人生を豊かなものにしていきましょう!

 

クロ

片付けで人生が豊かになるっていいね
人生は良いこと、良いモノの選択っす

ウタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です