ニュース

2歳児車内放置!なぜ父親は子供を置き忘れてしまったのか『つくば市』

6月17日、茨城県つくば市で2歳児が亡くなられる残念な事故が報じられました。

2歳児は、つくば市内の市立小学校に止めていた車内から父親が発見。

父親は2歳児の次女を「保育園に送るのを忘れていた」と話しているようですが、つくば署は引き続き詳しい事情を確認しています。

父親は長女を小学校へ送迎後、2歳児の次女を保育園に送る予定でした。

しかし保育園に送るのを忘れ、車内に約7時間放置。

なぜ父親は子供を車内に置き忘れてしまったのでしょう・・。

結論からお話すると、これは人間性の問題ではなく『誰にでも起こり得ること』です。

2歳児車内放置!父親が子供を置き忘れ『つくば市』

茨城県つくば市で2歳女児が車内で死亡

6月17日(水)午後3時20分ごろ、茨城県つくば市内小学校駐車場に止めたいた車内で、子供(2歳女児)がぐったりしている姿を父親(40歳)が発見。

子供は心肺が停止した状態で市内の病院に搬送されましたが、残念ながら息を引き取られています。

 

父親は6月17日(水)午前8時頃、2歳児を車の後部座席(チャイルドシート)にのせ、小学校3年の長女(8歳)を小学校まで送り届けました。

その後自宅に戻りますが、2歳児を放置(置き忘れ)した状態で、在宅ワークを初めてしまいます。

小学校3年の長女を迎えに再び小学校に向かいますが、同小学校内で2歳児の異変に気づきます。

しかしこの時既に2歳児の心肺は停止状態にあったとのこと。

 

その日のつくば市の最高気温は27.8度(正午)で、放置されていた時間は約7時間と報じられています。

父親は5月から在宅勤務をされており、子供の送り迎えをされていました。

しかし、大事な子供をなぜ車内に置き忘れてしまったのか・・。

小さい子供を車の中に7時間も放置するなんて考え難いことですが、こうした事故はなぜか良く耳にします。

今回の事故について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

2歳児車内放置!なぜ父親は子供を置き忘れてしまったのか

父親が置き忘れたのは、赤ちゃん忘れ症候群!?

アメリカで心理学や脳科学を研究する『デビット・ダイアモンド博士』は、これを赤ちゃん忘れ症候群と呼んでいるそうです。

この記事によれば、職場に行くといった「習慣的な記憶」は強いのですが、車に乗るときに「今日はこれから職場に行く前に保育園へ行くのだ」と考える将来に関する「展望的な記憶」が負けてしまうとも考えられています。

https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20190811-00137869/

 

人は行動を順番に考えていて、いつものルーチンが変更されたり、突然の出来事があると『やるべき行動』をすっかり忘れてしまうというもの。

私もよくあるのですが、例えば、通勤前にハガキを投函していこうと考えていても、職場に行く『習慣的な記憶』がそれを上回り、ハガキの投函を忘れてしまうというものです。

子供を置き忘れてしまうレベルと一緒にしてはいけませんが、脳の基本メカニズムは同じと考えられているんですね、

これは人間性の問題ではなく『誰にでも起こり得ること』と記述されています。

 

父親が2歳児を置き忘れてしまったケースを整理してみます。

  • 父親は、妻、長女(小3)、次女(2歳児)の4人暮らし
  • 5月から在宅勤務で子供2人の送り迎えをしている
  • 長女を小学校に8:00頃送り、次女は保育園に送り忘れる
  • 父親は家に戻り在宅ワークを始める
  • 約7時間後、小学校隣接の児童所館に長女を迎えに行く。
  • 長女を連れ戻った際、チャイルドシートでぐったりしている次女に気づく
  • 父親は動揺し、周囲に大声で助けを求める
  • 近くにいた女性が110番通報

父親は5月から子供二人の送迎をしており、初めての送迎ではなかったようです。

長女を小学校に送迎した後、いつもどおり保育園に次女を預けていれば今回の事故は防げていたはず。

しかし、父親はなぜ忘れてしまたのか・・。

そこには、赤ちゃん忘れ症候群の所で記載にあった

『習慣的な記憶』

を上回る、何かがあったと推測されます。

父親は『仕事のことを考えていた』『送ったつもりになっていた』と話されています。

おそらく、長女と次女を小学校に連れて行く前後で、仕事の悩み・ストレス、又は突発的な依頼等を受けた可能性が高いのではないでしょうか。

もし何の悩みやストレスもなければ、普通に保育所に預けていたのではと感じます。

又、2歳児のお子さんということで、静かに眠っていたとも推測できます。

子供って家にいると寝ませんが、車だと気持ち良くてすぐ寝てしまう子供もいますよね、

もし車内でうるさくしていたら父親も絶対気が付きます。

 

しかし、腑に落ちないのは、保育所からなぜ連絡がこなかったのか・・。

また、母親からも連絡がなかったのかというのも気になります。

もし、父親のもとに連絡があれば、7時間も車内に置き忘れられることはなかったと思います。

父親が子供を置き忘れたの車内の温度は?

今回の事故で2歳児が車内にいた時間は約7時間と報道されています。

車内の温度は外気温より暑いと良く聞きます。

事故当時の車内の温度はどの程度上昇していたのでしょう・・。

車内温度グラフ
引用元:JAF

上のグラフは、外気温と車内の温度を示すグラフです。

グラフで見ると、正午12:00頃の外気温(オレンジ色)は約21〜22℃くらい。この時の車内温度(赤色)は約45℃に上昇しています。

事故が起きた6月17日(正午)のつくば市の最高気温は27.8℃を観測しています。

おそらく事故が起きた正午頃の車内温度は、50℃近かったと推測できます。

小さいお子さんが7時間近くこの車内にいたと思うと、とても胸が痛くなります、

車内に子どもを放置するのがとても危険ということを、今一度認識すべきではないでしょうか。

私自身も車内の温度が外気温に対し、20℃以上も上がるなんて認識していませんでした。

 

車内に子供を置き忘れた事例は多数!

2016年栃木県芳賀市

7月29日、栃木県芳賀町で、保育園男児(2)が父親が運転してきた自動車内で約8時間放置され、死亡した。その日、宇都宮市の最高気温は31・4度の真夏日

引用元;産経新聞

 

2017年宮城県仙台市

幼稚園への送迎を祖母が失念、車内に5時間放置の男児死亡

2日午後2時25分ごろ、宮城県仙台市泉区内で、民家敷地内に駐車されていた乗用車の後部座席で3歳の男児が意識を失っているのを男児の祖母が発見した。男児は収容先の病院で死亡。約5時間に渡って車内に放置されており、熱中症で死亡したとみられる。

https://response.jp/article/2017/08/03/298268.html

 

2017年:山口県

2017年山口県では、母親が2ヶ月の娘を車から降ろし忘れ、アパートの駐車場で子供は死亡しました。

https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20190811-00137869/

 

2018年:長崎県波佐美見町

3日午後2時半ごろ、長崎県波佐見町で女児(1)が車の中で息をしていないと家族から119番があった。女児は搬送先の病院で死亡が確認された。川棚署によると、車内に放置されており、熱中症になった可能性がある。死因を調べるとともに、保護責任者遺棄致死容疑も視野に家族から経緯を聴いている。署によると、女児は午前中、外出先から家族と車で帰宅。そのまま自宅に隣接する駐車場で、車の後部座席に放置されていた。家族は「車から降ろし忘れた」と話しているという。

引用元:産経新聞

車内に子供を置き忘れる事故は、全国でも多数発生しています。

大半の事例は夏場に多く発生し報道されていますが、『子供の置き忘れ』の実態はもっと多いのではないでしょうか。

『運が良かった』『助かった』という経験談も良く耳にします。

車内に子供を置き忘れない方法は?

『大切な子供を車内に置き忘れるなんて!』『忘れるはずない!』

・・と私も思います。

でも人間は忘れるし、失敗もする生き物なので、忘れることを前提にした対策が必要と言わています。

効果的な対策の例として、行動を習慣化することは効果が高いとされています。

たとえば、自動車から降りるときは、必ず後ろを振り返るという行動を「習慣化」することは効果的です。子供がいてもいなくても、荷物があってもなくても、必ず振り返ることを、習慣、くせにしてしまうのです(荷物の降ろし忘れも防げます。タクシーの忘れ物も防げます)。

https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20190811-00137869/

席から離れる時、よくテーブルや椅子に置き忘れがないかチェックするかと思います。

自動車でも同様に、降りる時は必ず『振り返って確認する』を習慣化するのはとても効果的なようです。

 

また最近では置き忘れ防止グッズ等も充実してきています。

人は悩み、焦り、ストレス、突発的なことがあると、良く忘れ物をします。

ソフト対策だけでなく、ハード的な対策と合わせてやるとより効果的と言えそうです。

また当然ですが、夫婦間のコミュ二ケーションも重要といえるでしょう。

『まとめ』2歳児車内放置!なぜ父親は子供を置き忘れてしまったのか『つくば市』

2歳児の子供を車内に置き忘れるという残念な事故が報じられました。

この事故は、『子供を忘れるなんてありえない!』と思われがちですが、全国でとても多く発生しています。

なぜこうした事故が繰り返されるのか・・。

人は忘れるし失敗もします。

不幸な事故がまた起きないよう願うばかりです。

これは人間性の問題ではなく『誰にでも起こり得ること』です

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。