エンタメ&ニュース

EU離脱はいつから?イギリスのEU加盟期間はどのくらい?

2020年1月、イギリスがEU(ヨーロッパ連合)からの離脱を正式に発表しました。

EU加盟国からの離脱はイギリスが初めてです。

イギリスはEU加盟期間中、移民の増加等に対し不満を感じていたようです・・。

この記事で分かること

  • イギリスのEU離脱はいつから?
  • イギリスのEU加盟機関は何年?

についてまとめて見ました。

イギリスのEU離脱はいつから?

EU離脱は2020年1月31に決定

イギリスは31日午後11時、日本時間の1日午前8時に前身の共同体を含め、合わせて47年にわたって加盟してきたEUから正式に離脱しました。

NHK NEWS WEB

イギリスのEU離脱はいつ?

2020年、1月31日(午後11時)に決定!

(日本時間:2月1日午前8時)

これまで統合・拡大を続けてきたEU加盟国の離脱は、イギリスが初めてとなります。

EU離脱はどうやってきまったの?

2016年イギリスがEUから離脱すべきか否かについて国民選挙が行われました。

  • 離脱支持派:約1740万票(約52%)
  • 残留支持派:約1610万票(約48%)

その結果、離脱支持派が、50%以上の票を集めました。

意見は二分していたようですが、EU離脱の判断に至っています。

 

EU離脱の国民投票はいつやったの?

約4年前の2106年6月23日。

当時のキャメロン首相が、EU残留を問う国民投票を実施されています。

ちなみに投票率は約72%だったとのこと。

EUとは?加盟国は何カ国?

EUとは?

European Unionの略

ヨーロッパの国々が集まってできた、ヨーロッパ(欧州)連合を表します。

主な目的(メリット)として

  • 加盟国間の移動(チェック)の簡略化
  • 輸出入制限の軽減・撤廃
  • 加盟国間の経済協力・協力関係の維持

などが上げられます

EU加盟国は何カ国?

27カ国(共和国、王国、大公国)で構成されています。

主要加盟国

  • 共和国(21)
    • フランス
    • ドイツ
    • イタリア
    • スペイン
    • その他
  • 王国(5)
    • ベルギー
    • デンマーク
    • オランダ
    • その他
  • 大公国(1)
    • ルクセンブルク

イギリスのEU脱退で、2020年2月時点の加盟国は27カ国となっています。

イギリスのEU加盟期間はどのくらい?

ドゴールがフランス大統領を辞任した後、再度イギリスは加盟を申請し、1972年、保守党のエドワード・ヒース首相時に加盟条約に署名した[81]。同年、議会は欧州共同体法1972(ECA 1972)を可決、1973年1月1日、イギリスはデンマークとアイルランドとともにECのメンバーになった。

ウィキベディア

イギリスがEUに加盟したのは1973年1月1日。

EU離脱が2020年1月31日なので、

EU加盟期間は47年間ということになります。

 

イギリスはなぜ、47年間という長い加盟期間を経て離脱に踏み切ったのでしょう?

主な理由は

  • 権限の自由を取り戻したい
  • 移民が増えてお金が掛かる、仕事が減る

こんなところにあるようです。

例えば、イギリス独自でやりたい事に対し、わざわざ加盟国にお伺いを立てなければいけない・・。

20以上も国があると調整にも時間がかかって大変です。

また、EUに加盟していることで、移民が約20万人/年間ほど増えます。

移民が増えると、病院や学校等を増やす必要があったり、仕事が減ったりといった様々な影響が出てきます。

【まとめ】EU離脱はいつから?イギリスのEU加盟期間はどのくらい?

イギリスのEU離脱はいつから?EU加盟期間は何年?という内容で記事を書かせて頂きました。

EU離脱はいつ?

  • 2020年、1月30日(午後11時)

EU加盟期間はどのくらい?

  • 47年間(1973年〜2020年)

イギリスのEU離脱については、国民投票の結果からも分かる通り、意見が分かれ混乱していました。

そんな状況でEU離脱に踏み切ったイギリスの判断は正しかったのでしょうか。

今後どうなるのか気になります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。